2016年11月22日

九州では珍しい鳥専門の動物カフェが【西日本新聞2016年11月22日】(既報関連ソースあり)

 九州では珍しい鳥専門の動物カフェが長崎県佐世保市にオープンした。北九州市出身の鳥好きの女性が自宅2階をカフェとして開放。インコやオウム計28羽と飼育室で自由に触れ合えるという。

 早速行ってみると、大きなオオハナインコからピンク色の小さいアキクサインコまで14種類が放し飼い。飛んできて頭や肩などに止まったり、足元をちょこちょこ歩いたり…。そんなしぐさを見ていると、何とも言えないくらいかわいらしくなってくる。客は女性中心だが、たまに中年男性も訪れるとか。

 動物カフェというと、猫カフェが代表的だが、今は猫以外も増えているそうだ。犬にウサギ、フクロウ、ヤギ、リス…。カメや蛇などの爬虫(はちゅう)類などもあると聞く。「触れ合って癒やされたい」がキャッチフレーズである。40代半ばを過ぎ、娘2人に敬遠され、家に居場所のない?私。癒やされにアイドル(鳥)に会いに行こうかな。 (阿比留北斗)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/290790

http://archive.is/uWQaq
長崎・佐世保に初「鳥カフェ」インコなど14種【佐賀新聞LiVE2016年11月9日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: