2016年11月22日

「鳥インフルは高病原性」 大森山動物園が今季の営業中止【秋田魁新報2016年11月22日】(他2ソース)

 秋田県は21日、秋田市浜田の大森山動物園で死んだコクチョウ2羽から検出された鳥インフルエンザウイルスは、毒性の強い高病原性の「H5N6型」だったことを明らかにした。休園中の同園は同日、今月末までだった今シーズンの営業を中止するとした。県内で高病原性の鳥インフルエンザウイルスの感染が確認されたのは、2008年4月に小坂町の十和田湖畔で見つかって以来、2度目。

 環境省は同日、同園のほかに鳥取市内で見つかったコガモのふんからも「H5N6型」が検出されたとして、国内の警戒レベルを最高の3に引き上げ、監視を強化。22日、本県に調査チームを派遣し、同園を中心に半径10キロ圏内で野鳥のウイルスの保有状況などを調べる。

 県によると、21日午前9時半ごろ、環境省から連絡があり、北海道大で行っていた確定検査で、15日と17日に死んだコクチョウ2羽のウイルスが、高病原性と判明した。2羽とも簡易検査で陽性反応が出ていた。18日に鹿児島県出水市のツルのねぐらで採取した水から「H5N6型」のウイルスが検出されており、遺伝子配列が似ていたという。
http://www.sakigake.jp/news/article/20161121AK0015/

鳥類の監視、消毒を強化 大森山動物園、冬季営業は今後判断【秋田魁新報2016年11月22日】
高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染が確認され、今シーズンの営業中止を決めた大森山動物園
 飼育中に死んだコクチョウ2羽から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された秋田市浜田の大森山動物園は21日、今月末までだった今シーズンの営業中止を決めた。今後は新たな感染を防ぐため、鳥類の監視や園内の消毒態勢を強化する。

 同園は1羽目のコクチョウが死骸で見つかり、簡易検査で陽性反応が出たことを受け、16日から臨時休園中。県庁などで会見した小松守園長(64)は「楽しみにしてくれている人には申し訳ないが、安全を最優先した」と営業中止について説明した。

 同園では動物が冬にどう過ごしているのかを知ってもらうため、毎年1月上旬から2月末ごろまでの土日、祝日に「雪の動物園」と題して開園している。来年1月からの営業については「園内で一定期間、新たな感染がなく、事態が収束に向かえば実施について判断する」とした。

http://www.sakigake.jp/news/article/20161122AK0004/

秋田)大森山動物園 鳥インフルは高病原性【朝日新聞デジタル2016年11月22日】
16日から臨時休園になった大森山動物園=秋田市浜田

 秋田市の大森山動物園で飼育されていて死んだコクチョウ2羽から鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出ていた問題で、県と動物園は21日、北海道大での確定検査の結果、2羽の検体のウイルスは毒性が強い「高病原性鳥インフルエンザウイルス」(H5N6亜型)と確認されたと発表した。

 同じ型のウイルスは、鹿児島県出水市のナベヅルのねぐらの水と、鳥取市の水鳥のふんからも検出されているため、環境省は警戒のための対応レベルを「2」から最高の「3」に引き上げ、秋田を含めた3県に順次、野鳥緊急調査チームを派遣することを決めた。同省は、ウイルスが検出された場所から半径10キロの範囲を野鳥監視重点区域に指定し、調査チームが野鳥の監視や鳥類の排せつ物の調査をする。

 県や県警の関係各部はこの日、危機管理連絡部を設置した。県は環境省の調査チームと合同で監視に取り組み、農家や業者に対しては野鳥対策や消毒を徹底するように通知した。さらに今月末までを目標に、県内の養鶏農家を訪れて、衛生管理基準を満たしているかなどを確認する。動物園も、飛来してくる野鳥の監視と園内の消毒を強化することにした。

 高病原性ウイルスの感染経路は…
http://www.asahi.com/articles/ASJCP4VSBJCPUBUB00C.html

http://archive.is/IUSIk
http://archive.is/KHtFm
http://archive.is/N8bLN
各地で鳥インフルウイルス 警戒レベル最高の3に【NHKニュース2016年11月21日】
鳥インフルエンザ 県が相談窓口 /秋田【毎日新聞2016年11月19日】
北斗星(11月19日付)【秋田魁新報2016年11月19日】
23、27日のイベント中止、大森山動物園 新たな異常なし【秋田魁新報2016年11月19日】
秋田で鳥インフル、仙台でフラミンゴの展示休止【読売新聞2016年11月18日】
<鳥インフル>渡り鳥のふんから感染か【河北新報オンラインニュース2016年11月18日】
コクチョウ新たに1羽死ぬ 大森山動物園、鳥類の一部殺処分【秋田魁新報2016年11月18日】
小松園長「殺処分、苦渋の選択」 鳥インフル、感染濃厚と判断【秋田魁新報2016年11月18日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: