2016年11月22日

山口県が鳥インフル対策連絡会議【中国新聞アルファ2016年11月22日】

 山口県は21日、鹿児島県出水市で死んだナベヅルから鳥インフルエンザの陽性反応が出たのを受けて、県庁で対策連絡会議(議長・河村邦彦農林水産部長)を開いた。県内での発生を防ぐため、進入防止対策の徹底や情報共有の重要性を確認した。
(ここまで 113文字/記事全文 451文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=299460&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/YFwdg
「鳥インフルは高病原性」 大森山動物園が今季の営業中止【秋田魁新報2016年11月22日】
道、飛来地監視を強化 鳥インフル、道外で高病原性検出【どうしんウェブ2016年11月22日】
各地で鳥インフルウイルス 警戒レベル最高の3に【NHKニュース2016年11月21日】
鳥取で鳥インフル対策会議 コガモのふんから検出【産経WEST2016年11月21日】
県内、鳥フルに厳戒 隣県や周辺国で発生【Miyanichi e-press宮崎日日新聞2016年11月20日】
鳥インフル防疫会議 消毒徹底などを確認 [長崎県]【西日本新聞2016年11月20日】
鳥インフルエンザ 県が相談窓口 /秋田【毎日新聞2016年11月19日】

posted by BNJ at 12:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: