2016年11月28日

アヒルが高病原性鳥インフルに感染、19万羽殺処分 オランダ【AFPBB News2016年11月28日】

オランダ中部ヒールデンで、鳥インフルエンザの予防策の一環でアヒルの殺処分に当たる作業員(2016年11月27日撮影)。(c)AFP/ANP/Remko de Waal

【11月28日 AFP】オランダ中部ビッディングハウゼン(Biddinghuizen)にある家禽飼育場1か所でH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、当局は27日、この飼育場や周辺でアヒル計19万羽を殺処分した。

 ビッディングハウゼンは首都アムステルダム(Amsterdam)から西へ約70キロ。オランダ食品消費者製品安全庁(NVWA)によると、この家禽飼育場のアヒル約18万羽に加え、半径1キロ内で1万羽が殺処分された。

 当局はさらにこの家禽飼育場から半径10キロ内の区域について、家禽や家禽製品の輸送を禁止した。

 オランダ放送協会NOSによると、検査を通じて、飼育されていたアヒルは家禽への「感染力が非常に高い」H5N8型の鳥インフルエンザウイルスに感染して死んでいたことが確認された。H5N8型ウイルスは感染した鳥の3割が死ぬが、人間にとってはさほど危険でないとされる。

 オランダでは鳥インフルエンザの予防策を強化しており、今月は動物にじかに触れられる動物園の営業を停止させたほか、鴨狩も禁止した。西部の港湾都市ロッテルダム(Rotterdam)では、複数の水鳥がH5N8型ウイルスで死んだことが判明したため公園1カ所の動物エリアが閉鎖されている。

 H5N1型の鳥インフルエンザウイルスは2003年に初めて確認されて以来、東南アジアを中心に420人以上が死亡している。
http://www.afpbb.com/articles/-/3109344

http://archive.is/4zhQf
ハンガリーからの輸入を停止【鶏鳴新聞2016年11月25日】(ドイツ/オーストラリア/デンマーク/韓国/インド/ハンガリー/オーストリア/イスラエル)
独養鶏場で10万羽殺処分へ H5N8型の鳥インフル【共同通信2016年11月25日】
ドイツ、鳥インフル全土に拡大 屋内飼育の義務付け検討【京都新聞2016年11月22日】
デンマークで鳥インフル【産経ニュース2016年11月22日】
独で鳥インフル発生、日本など数カ国が輸入規制【ロイター.co.jp2016年11月17日】
イスラエルでも高病原性鳥インフル 感染相次ぐ欧州の渡り鳥が原因か【産経ニュース2016年11月15日】
独の養鶏場で鳥インフル、高病原性H5N8型【産経ニュース2016年11月14日】
H5N8型鳥インフルの感染拡大、欧州数カ国で【ロイター2016年11月11日】
ハンガリーで鳥インフル 生きた家きんなど輸入停止措置【農業協同組合新聞2016年11月8日】

posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: