2016年11月29日

29日朝段階で道内は異常なし 道が鳥インフル対策会議【どうしんウェブ2016年11月29日】

 新潟と青森の両県で高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことから、道は関係機関による対策会議「高病原性鳥インフルエンザ警戒本部幹事会」を29日、道庁で開いた。水際対策の徹底や関係機関との連絡体制の強化などを確認した。

 道が28日夜から29日朝までに、道内の養鶏場208カ所に電話などで確認したところ、異常はみられなかったという。道は養鶏場に対し、消毒など予防策の徹底や、異常時の早期通報を求めた。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0343173.html

http://archive.is/eaIpd

posted by BNJ at 22:35 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: