2016年11月29日

アヒル殺処分開始/青森・鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】(青森県鳥インフルエンザ関連29日分)

大型のプラスチックケースを持ち、農場内での作業に向かう関係者=29日午前10時20分、青森市
 青森市の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高い食用アヒル(フランスガモ)が確認されたのを受け、県は29日午前0時25分、同農場に職員を派遣し、飼育する約1万6500羽全ての殺処分を開始した。県によると、同日午前7時半までに、全体の37%に当たる6150羽を殺処分した
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020168.asp

農場経営者「封じ込めに全力」/鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】
 高病原性鳥インフルエンザが発生した可能性が高い青森市の家禽(かきん)農場の経営者は28日、本紙取材に応じ「消費者や養鶏業者ら多くの方に迷惑をおかけして申し訳ない。感染がこれ以上広がらないよう封じ込めに全力を尽くしたい」と語った。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020162.asp

「まさか青森県内で」周辺警戒/鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】
防護服に着替える県職員ら=28日午後10時19分、青森市北部地区農村環境改善センター
 青森市で食用アヒルが高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高まった28日夜、現場の農場付近は物々しい雰囲気に包まれた。暗闇の中、白い防護服に身を包んだ県職員らが、アヒルの殺処分などのために次々と農場に入っていった。「まさか県内で発生するとは」。近隣の養鶏業者らは不安を強め、施設の消毒など対策を急いだ。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020161.asp

農場の鳥を殺処分へ 鳥インフルで青森県【デーリー東北2016年11月29日】
 青森県は28日、アヒル(食用ガモ)を飼育する青森市の農場で、高病原性鳥インフルエンザが発生したと発表した。農場で飼育されている鳥から発生が確認されたのは県内で初めて。発生を受け、県は県職員約230人を現地に派遣し、農場で飼育している約1万6500羽を殺処分する。県は同日、対策本部会議を開き、周辺農場への鳥の移動や搬出の制限措置を行うなど対応を確認した。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20161129/201611280P159626.html

アヒル1万8360羽全て殺処分 青森・鳥インフル【Web東奥ニュース2016年11月29日】
動画サイト「東奥NETテレビ」はこちら
 青森市の家禽(かきん)農場で高病原性鳥インフルエンザに感染した可能性が高い食用アヒル(フランスガモ)が確認された問題で、青森県は29日午後8時5分、同農場で飼育するアヒル1万8360羽全ての殺処分を終了した。県職員計339人が6班に分かれ、29日午前0時すぎから交代制で行い、20時間近くかけて終えた。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161129020176.asp

<鳥インフル>青森で1万6500羽殺処分開始【河北新報オンラインニュース2016年11月29日】
高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された農場で食用アヒルの殺処分を行う県職員ら=29日午前10時35分ごろ、青森市

 青森市内の家禽(かきん)農場で飼育していた食用アヒル(フランスガモ)からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、青森県は29日未明、農場の全約1万6500羽の殺処分を始めた。国と県による疫学調査チームが同日、現地調査を行い、感染ルートを調べる。

 農場では県職員234人が29日午前0時25分から4班体制で殺処分を開始。午前7時半までに37%に当たる6150羽を処分した。敷地内では白い防護服にゴーグル姿の県職員が殺処分したアヒルを詰めた袋を積み上げる姿が見られた。
 同日午前、県庁で記者会見した高谷清孝県農林水産部次長は「ウイルス確認から24時間以内の午後9時45分までには全ての殺処分を終えたい」と話した。袋詰めしたアヒルは、72時間以内に近くの市有地に埋却処分する予定。
 県は農場の半径3キロ圏内を家禽や卵の移動制限区域に、10キロ圏内を搬出制限区域として区域外への持ち出しを禁じた。移動制限区域では4農場で約1万4000羽、搬出制限区域では3農場で約40万羽が飼育されている。県は3キロ圏の4農場に加え、発生農場から種卵の移動があった青森市内の1農場を対象に、同日午前から臨床・ウイルス検査を行っている。
 同日午前6時40分までに農場から10キロ圏の5カ所に畜産関係の車両を対象にした消毒ポイントを開設し、農場外への感染防止を図っている。
 鳥インフルエンザが発生した農場では27日から28日朝にかけてアヒル10羽が死んでいるのが見つかり、県に連絡。県の簡易検査で陽性反応があり、青森家畜保健衛生所が実施した遺伝子検査でH5型鳥インフルエンザの可能性が高いと判定された。

◎新潟では鶏31万羽

 新潟県関川村の養鶏場で鶏約40羽が死んでいるのが見つかり、同県は29日未明、鶏から強毒性で大量死につながるH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。
 新潟県は、関川村の約31万羽の鶏の殺処分を始めた。新潟県に出動要請された陸上自衛隊も従事。県は12月2日まで24時間態勢で作業に当たる。
 養鶏場の半径10キロ内に約60の業者があり、約50万羽を飼育している。養鶏場の職員が28日、鶏約40羽が死んでいるのを確認。うち5羽の簡易検査で陽性反応が出たため、ウイルスの遺伝子を調べたところ、高病原性と確認された。
 政府は「まん延防止には初動対応が重要」として、29日午前に農林水産省の政務官や専門家らを新潟、青森両県に派遣。関係閣僚会議を開催し、菅義偉官房長官は「感染拡大防止に万全の対応をとりたい」と述べた。安倍晋三首相も徹底した防疫措置を迅速に進めるよう指示した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161129_23058.html

<鳥インフル>青森のアヒル強毒性 殺処分へ【河北新報オンラインニュース2016年11月29日】
食用として育てられているアヒルから、鳥インフルエンザの陽性反応が出たとして記者会見する青森県の担当者=28日午後、青森市

 青森県は28日、青森市内の家禽(かきん)農場で飼育されていた食用アヒル(フランスガモ)が強毒性のH5型鳥インフルエンザウイルスに感染した可能性が高いと発表した。県は職員を動員し、農場の全約1万6500羽を殺処分する。農林水産省によると、国内で家禽の感染確認は今冬初めて。
 県は農場の半径3キロ圏を鶏や卵の移動制限区域、10キロ圏を区域外に持ち出せない搬出制限区域に指定。制限区域には計7カ所の家禽農場があり、鶏など約41万羽が飼育されている。10キロ圏の5カ所には、畜産関係の車両など対象の消毒ポイントを設ける。
 県によると、農場は九つの建物で食用アヒルを飼育している。27日から28日朝にかけて10羽が死に、連絡を受けた県が死んだ5羽と生きている5羽の簡易検査を実施。死んだ5羽全てと生きている4羽の計9羽から陽性反応が出た。青森家畜保健衛生所の遺伝子検査で、強毒性のH5型鳥インフルエンザの可能性が高いと判定された。
 県内の家禽農場や養鶏場で、強毒性の鳥インフルエンザの感染が確認されたのは今回が初めて。
 農場を経営する青森市の食肉生産加工会社は、主にフランスガモを飼育生産。食材卸業者のほか、大手ホテル、レストランに販売している。同市の農場に加え隣接する青森県蓬田村などに計6カ所の農場がある。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201611/20161129_23024.html

青森で鳥インフル…高級食材フランス鴨で確認【読売新聞2016年11月29日】
雪が降る中、防護服を着て農場に向かう青森県職員ら(28日午後10時42分、青森市で)
 青森県は28日、青森市内の農場で、フランス料理などの高級食材として使われるフランス鴨がも10羽が死んでいるのが見つかり、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。

 毒性の強い高病原性とみられる。農林水産省によると、高病原性の感染は、家禽かきんでは今冬、全国で初めて。県は29日、この農場で飼育されているフランス鴨約1万6500羽の殺処分を始めた。

 農林水産省は28日、防疫対策本部を開き、青森市の農場の感染ルート調査などのため、専門家による疫学調査チームを派遣することを確認した。

 青森県畜産課によると、この農場では、フランス鴨を建物9棟で飼育している。28日朝、農場の関係者が、1棟で10羽が死んでいるのを見つけ、青森家畜保健衛生所(青森市)に連絡した。

(ここまで336文字 / 残り506文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161128-OYT1T50161.html

農場経営者「地域に迷惑、どうすれば…」 鳥インフル【朝日新聞デジタル2016年11月29日】
現場から約3キロの国道280号に設けられた消毒ポイントでは、県職員らが畜産関係車両の消毒にあたった=29日午前10時27分、青森市、休波希撮影

 約1万6500羽すべての殺処分が決まった青森市の農場。28日深夜から白い防護服を着た青森県職員約230人が次々と敷地内に入った。

鳥インフル、殺処分開始 新潟・青森の32万6千羽対象
 農場の男性経営者(52)は「生き物を育て、食用にすることの難しさと責任を感じながら仕事をしてきたが、地域のみなさんや同業他社に迷惑をかけることになった」。感染源となる野鳥の侵入を防ぐネットを張るなど感染防止に力を入れてきたといい、「どのように防げばいいのかわからない」と疲れをにじませた。

 新潟県関川村では、12月2日までかけて殺処分を実施する予定。鳥インフルが発生した養鶏場の敷地内に穴を掘って埋めていく。県職員のほか、災害派遣要請を受けた陸上自衛隊員も含めて延べ約3100人が作業にあたる。県内のある養鶏業者は「あまり恐怖に思わないで欲しい」と風評被害を心配していた。

 農林水産省によると、昨年の鶏卵生産量は青森県が10万407トンで全国8位、新潟県が9万6339トンで全国9位となっている。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY332SJCYUTIL00G.html

鳥インフルエンザ  青森の食用アヒルで濃厚 新潟の鶏も疑い【毎日新聞2016年11月29日】
 青森県は28日、青森市の農場で飼育されている食用のアヒルについて遺伝子検査を行ったところ、高病原性鳥インフルエンザの疑いが濃厚な「疑似患畜」と国が判定したと発表した。県は29日未明、農場のアヒル約1万6500羽の殺処分を始めた。24時間以内に完了させる方針。半径3キロ圏内の農場の鳥には移動制限が、半径10キロ圏内には搬出制限がかかる。政府は28日夜、首相官邸内危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 同県によると、感染が確認されれば、国内の家畜では昨年1月に佐賀県で発生して以来となる。青森市の農場ではフランスカモと呼ばれるアヒルを九つのケージで飼育。うち一つで28日朝に10羽が死んだと青森家畜保健衛生所に連絡があった。死んだ10羽のうち5羽と、同じケージにいた5羽の計10羽の簡易検査で9羽が陽性となり、遺伝子検査では10羽すべてが陽性となった。10キロ圏内には七つの養鶏場などがあり、約41万羽を飼育。このうち3キロ圏内では四つで約1万4000羽を飼っている。

 一方、新潟県では同日、関川村の養鶏場で約31万羽飼育している鶏のうち5羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出た。県は確定を待たず、この養鶏場を含む半径10キロ以内の養鶏場などに鶏などの移動の自粛を求めた。

 28日朝、24ある鶏舎の一つで約20羽が1カ所にかたまって死んでいるのを養鶏場の職員が確認し、午後にもさらに約20羽が死んでいたため県に届け出たという。県の保健衛生所が立ち入り検査を行い、死んでいた鶏5羽を簡易検査したところ、すべて陽性だった。

 高病原性鳥インフルエンザの感染による鶏の殺処分例は2011年1〜3月、宮崎県の13農場で約102万羽▽11年2月、三重県の2農場で約31万羽▽15年1月、岡山県の1農場で約20万羽−−などがある。環境省の調べでは、今季の野鳥を巡る感染は28日現在、秋田▽岩手▽鳥取▽鹿児島−−の4県内で計19件確認されている。【米江貴史、佐藤裕太】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddm/041/040/110000c

http://archive.is/ImmM8
http://archive.is/1ScVX
http://archive.is/w4jqa
http://archive.is/AALnc
http://archive.is/LLjqt
http://archive.is/4YquW
http://archive.is/c0Zv8
http://archive.is/9hyll
http://archive.is/bN5eI
http://archive.is/aUSvA

posted by BNJ at 22:48 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: