2016年11月29日

関川で鳥インフルを確認 高病原性、養鶏31万羽を処分【新潟日報モア2016年11月29日】(鳥インフルエンザ新潟県関連29日分まとめ)

鳥インフルエンザの感染が判明した鶏の処分のため、防護服に身を包んで養鶏場に向かう関係者=29日午前5時ごろ、関川村

 県は29日未明、関川村の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザに感染したことを示す遺伝子が確認されたと発表した。県内の家禽(かきん)で感染が判明したのは初めて。県は直ちに対策本部(本部長・米山隆一知事)を設置し、この養鶏場が飼っている約31万羽の殺処分を始めた。周囲10キロにある約60の養鶏場などが鳥や卵を搬出することも禁止した。

 県によると、28日朝に養鶏場で約20羽の鶏が死んでいるのが発見され、午後にもさらに約20羽が死んだ。連絡を受けた県下越家畜保健衛生所(新発田市)が5羽の簡易検査を実施し、5羽全てで陽性反応が出た。そのため遺伝子検査を行ったところ、29日午前3時半すぎに高病原性を示す「H5亜型」の感染が確認された。

 県は午前4時に対策本部会議を開き、午前4時半からこの養鶏場の鶏を全て殺処分して埋却する作業を始めた。自衛隊の災害派遣も要請した。米山知事は会議で「初期対応が大事。とにかく封じ込めることに全力を尽くす」と話した。作業は二十四時間体制で3、4日かかる見通し。

 県などによると、感染ルートは、渡り鳥から糞や小動物を介してうつったことなどが考えられる。国内では鳥インフルエンザが人に感染した事例はない。感染した鶏の肉や卵を食べても問題ないという。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161129293944.html

新潟でも鳥インフル確認、31万羽の殺処分開始【読売新聞2016年11月29日】
鳥インフルエンザウイルスが確認され、殺処分の準備をする防護服姿の作業員たち(29日午前10時33分、新潟県関川村で、読売機から)=林陽一撮影
 新潟県関川村の養鶏場で見つかった鶏の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、県は29日、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。

 毒性の強い高病原性とみられ、県は同日未明、この養鶏場で飼育している鶏約31万羽の殺処分を始めた。青森市の農場で飼育されていた食用のフランス鴨がもからも高病原性とみられるウイルスが確認され、青森県が殺処分を進めている。

 新潟県によると、関川村の養鶏場で28日に確認された死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出て、遺伝子検査で「H5亜型」のウイルスが確認された。国の機関でさらに詳しい検査を行う。

 県は29日未明、米山隆一知事を本部長とする対策本部会議を開き、防疫対策を決定。家畜伝染病予防法に基づき、県職員や自衛隊員ら延べ約3100人態勢で鶏の殺処分や死骸を土に埋める作業を始めた。作業は12月2日までに完了する見込みという。

(ここまで388文字 / 残り206文字)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161129-OYT1T50085.html

高病原性鳥インフル、新潟で検出 31万羽を殺処分へ【共同通信2016年11月29日】
 新潟県は29日、関川村の養鶏場で死んだ鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表、約31万羽の殺処分を開始した。国内の家禽からの検出は約2年ぶり。
http://www.47news.jp/PN/201611/PN2016112901001060.html

東電社長が桜井次期柏崎市長と面会【新潟日報モア2016年11月29日】
 東京電力の広瀬直己社長は29日、東電柏崎刈羽原発が立地する柏崎市を訪れ、20日の市長選で初当選した桜井雅浩氏と初めて面会した。桜井氏は原発賛成・反対両派の意見を聞くよう要請。両者は今後も率直な意見交換をしていくことを確認した。広瀬社長は米山隆一知事とも初めて面会する予定だったが、関川村で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された影響で、22日に続いて再び延期された。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20161129294112.html

米山知事、東電との面会を再延期 鳥インフル対応で要請【新潟日報モア2016年11月29日】
 東京電力ホールディングスは29日午前、関川村で鶏への高病原性鳥インフルエンザの感染が確認された影響で、同日午後3時半から県庁で予定していた数土文夫会長、広瀬直己社長と米山隆一知事の面会を再延期すると発表した...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20161129293982.html

鳥インフル受け相談受け付け 県や北陸農政局【新潟日報モア2016年11月29日】
 関川村の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したことを受け、県は29日、電話による健康相談の受け付けを始めた。

 県によると、鳥の肉や卵を食べたことで人が鳥インフルエンザに感染した事例は世界的にもない。生きている鳥との接触による感染も国内では報告されていないという。

 相談は平日午前8時半から午後5時15分まで。食品の安全性についての相談と、その他の健康相談に分けて対応する。発生地を管轄する村上保健所は食品関係が0254(53)8371、健康関係が0254(53)8368。

 問い合わせは県健康対策課、025(280)5200か、県生活衛生課、025(280)5205。

 一方、北陸農政局(金沢市)は局内に消費者や生産者を対象とする相談窓口を設置した。

 消費者からの相談は消費生活課、076(232)4227、076(232)0206。生産者からの相談は畜産課、076(232)4317。それ以外の全般的な相談は安全管理課、076(232)4106。いずれも平日午前8時半から午後5時15分まで受け付ける。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161129294094.html

鳥インフルエンザ「損失、大きさ読めず」 養鶏業者、感染広がりを懸念【毎日新聞2016年11月30日】
 新潟県関川村の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、近隣の養鶏農家からは感染の広がりを懸念する声が聞かれた。

 同県新発田市の養鶏会社の男性経営者は「県内では今まで大きな発生がなく、衝撃を受けた。消毒の徹底や外来者の出入りを最小限に抑えるなど衛生管理の基本を徹底するほかない」と話した。自社の運営する養鶏場の一部も搬出制限区域に含まれるといい「いつまで制限が続くのか、経済的な損失の大きさが読み切れない。行政にしっかり調べてもらい、安全性が確保されれば速やかに制限を縮小してもらいたい」と不安を訴えた。

 また、鶏卵を扱う流通業者は消費者に冷静な対応を呼び掛ける一方、今後の広がりへの懸念も示した。新潟県内でスーパーマーケットを26店舗展開する「スーパーマルイ」の仕入れ担当者は「今のところ仕入れ先から取引している養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの連絡はないが、今後、出荷制限などで県内の鶏卵流通量が減り、品薄になってしまう懸念はある」と話す。また、県内39店舗のスーパー「ウオロク」の担当者は「(人に感染するかもしれないという心配から)卵の買い控えが起こるかもしれないが、過敏にならないでほしい」と呼び掛けた。【松浦吉剛】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddh/041/040/005000c

http://archive.is/dX0zG
http://archive.is/jVfzu
http://archive.is/c3PmC
http://archive.is/oenpT
http://archive.is/VUgQr
http://archive.is/ejdWF
http://archive.is/4ZuSk
鳥インフル感染防止対応に追われる トキ飼育施設など【新潟日報モア2016年11月29日】

posted by BNJ at 23:24 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: