2016年11月29日

鳥インフルエンザ 青森と新潟、毒性強いH5型検出 計32万羽殺処分【毎日新聞2016年11月29日】(鳥インフルエンザ青森県新潟県総合29日分まとめ)

 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染が濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。【米江貴史、宮城裕也、佐藤裕太】

 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専門家らを現地に派遣してそれぞれの感染経路の調査に着手する一方、両県は半径3キロ圏内の家禽(かきん)の移動制限と10キロ圏内の搬出制限をかけた。これらの制限は青森で7農場約40万羽、新潟で59農場約50万羽に上る。

 新潟県では29日午前3時半すぎ、米山隆一知事を本部長とする対策本部を設置して殺処分を決定。処分数が多いことなどから陸上自衛隊に災害派遣を要請し、県職員約1640人と陸自隊員1350人ら延べ約3100人態勢で同4時半から処分を始めた。

 さらに鳥インフル発生の養鶏場につながる国道の4カ所に消毒ポイントを設置し、家畜関係の通行車両などの消毒を行っている。

 米山知事は記者団に「初期対応がカギ。事態収束に全力を尽くしたい」と述べた。対応に集中するため、同日午後に予定されていた東京電力ホールディングスの数土(すど)文夫会長らとの面会は再び延期となった。

 青森県は新潟県に先立つ29日午前0時25分ごろ、県職員約230人態勢で殺処分に着手した。同7時半までに約4割を処分した一方、発生農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。雪が降る中、防護服などで厳重に身を包み消毒を続けている。

 一方、環境省は感染源となる野鳥の警戒レベルを2年ぶりに最高の「3」に引き上げ、監視を強化している。
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddg/041/040/008000c

鳥インフル 山あいの集落騒然 白い防護服姿、慌ただしく【毎日新聞2016年11月29日】
鳥インフルエンザが検出された養鶏場で作業をする作業員ら=新潟県関川村で2016年11月29日午前9時34分、本社機「希望」から
 新潟、青森両県の養鶏場などで高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。感染拡大をくい止めるには初期対応が重要で、現場では29日未明から自治体関係者らが殺処分や通行車両などの消毒の作業に取りかかった。白い防護服姿の関係者が慌ただしく出入りし、普段は静かな山あいの集落はものものしい雰囲気に包まれた。

【写真特集】新潟、青森で鳥インフル検出…31万匹殺処分
<鳥インフルの衝撃>大量殺処分に「人、足りない」…食品スーパー品薄も
<鳥インフル>24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却・焼却
<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
【最近の鳥インフルでの殺処分の例を表で見る】
「処分の資材が足りない」新潟
 人口約6000人の新潟県関川村。殺処分や防疫対応に当たる関係者の一時集合場所となった村民会館には県職員や自衛隊員らが暗いうちから慌ただしく出入りした。午前4時半ごろ、職員ら約60人が防護服にゴーグル、マスク姿でバスに乗り込んだ。

 養鶏場につながる脇道の手前では警察車両が待機。村内には自衛隊車両や県職員を乗せたバスなどが行き交った。第1陣として養鶏場に入った下越家畜保健衛生所の内山保彦防疫課長によると、鶏は2段重ねになったケージの上部にいるため、取り出しは高所での作業となり、安全面でも注意が必要な状況だ。養鶏場関係者はさみしそうな様子で見守っていたという。「鶏を入れる箱など資材が足りない。家畜の扱いに慣れていない職員も作業に加わっている」と現場が混乱している様子を語った。【南茂芽育】

「いつまで制限が続くのか」養鶏農家
 新潟県関川村の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、近隣の養鶏農家からは感染の広がりを懸念する声が聞かれた。

 同県新発田市の養鶏会社の男性経営者は「県内では今まで大きな発生がなく、衝撃を受けた。消毒の徹底や外来者の出入りを最小限に抑えるなど衛生管理の基本を徹底するほかない」と話した。自社の運営する養鶏場の一部も搬出制限区域に含まれるといい「いつまで制限が続くのか、経済的な損失の大きさが読み切れない。行政にしっかり調べてもらい、安全性が確保されれば速やかに制限を縮小してもらいたい」と不安を訴えた。

 また、鶏卵を扱う流通業者は消費者に冷静な対応を呼び掛ける一方、今後の広がりへの懸念も示した。新潟県内でスーパーマーケットを26店舗展開する「スーパーマルイ」の仕入れ担当者は「今のところ仕入れ先から取引している養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの連絡はないが、今後、出荷制限などで県内の鶏卵流通量が減り、品薄になってしまう懸念はある」と話す。

 また、県内39店舗のスーパー「ウオロク」の担当者は「仕入れ先は県外が中心なので影響はないと思う。(人に感染するかもしれないという心配から)卵の買い控えが起こるかもしれないが、過敏にならないでほしい」と呼び掛けた。【松浦吉剛、芳賀竜也】

「不安でたまらない」青森
 「これ以上は危険。近付かないで」。青森市の農場周辺では、県職員らが付近の道路を通行する畜産関係車両や一般車両の消毒にあたった。農場は国道から離れた場所にあり、周辺の砂利道では防護服姿の作業員が近付く車を手を上げて制止。収穫が終わった冬の水田地帯に緊迫した雰囲気が漂った。

 29日午前8時、雪が舞う中で作業員は黙々と噴霧式の器具で車の消毒を続けた。県は発生農場周辺のほか、農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。三村申吾知事は28日夜、「周辺では渋滞するなど考えられるが、県民も協力してほしい」と話し、理解を求めた。29日午前、周辺の国道で大規模な渋滞は発生していない。

 今回の殺処分対象となったのはフランスカモと呼ばれるアヒル。現場周辺で養鶏場を営む50代の女性は「うちも念のため家畜保健所に検査を頼んだ。やはり不安でたまらない」と話した。【成瀬桃子】
http://mainichi.jp/articles/20161129/k00/00e/040/200000c

鳥インフル 新潟・青森32万羽処分 鶏・アヒルにH5型【毎日新聞2016年11月29日】
鳥インフルエンザが検出された養鶏場で作業をする作業員ら=新潟県関川村で2016年11月29日午前9時34分、本社機「希望」から
 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染の疑いが濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。

【写真特集】鳥インフル検出で31万匹殺処分…新潟、青森
<鳥インフルの衝撃>大量殺処分に「人、足りない」…食品スーパー品薄も
<鳥インフル>24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却・焼却
【最近の鳥インフルでの殺処分の例を表で見る】
<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専門家らを現地に派遣してそれぞれの感染経路の調査に着手する一方、両県は半径3キロ圏内の家禽(かきん)の移動制限と10キロ圏内の搬出制限をかけた。これらの制限は青森で7農場約40万羽、新潟で59農場約50万羽に上る。

 新潟県では29日午前3時半すぎ、米山隆一知事を本部長とする対策本部を設置して殺処分を決定。処分数が多いことなどから陸上自衛隊に災害派遣を要請し、県職員約1640人と陸自隊員1350人ら延べ約3100人態勢で同4時半から処分を始めた。

 さらに鳥インフル発生の養鶏場につながる国道の4カ所に消毒ポイントを設置し、家畜関係の通行車両などの消毒を行っている。

 米山知事は記者団に「初期対応がカギ。事態収束に全力を尽くしたい」と述べた。対応に集中するため、同日午後に予定されていた東京電力ホールディングスの数土(すど)文夫会長らとの面会は再び延期となった。

 青森県は新潟県に先立つ29日午前0時25分ごろ、県職員約230人態勢で殺処分に着手した。同7時半までに約4割を処分した一方、発生農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。雪が降る中、防護服などで厳重に身を包み消毒を続けている。

 一方、環境省は感染源となる野鳥の警戒レベルを2年ぶりに最高の「3」に引き上げ、監視を強化している。【米江貴史、宮城裕也、佐藤裕太】
http://mainichi.jp/articles/20161129/k00/00e/040/185000c

鳥インフルエンザ 消毒作業、厳戒の現場 養鶏農家ら拡大懸念【毎日新聞2016年11月29日】
 新潟、青森両県の養鶏場などで高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。感染拡大をくい止めるには初期対応が重要で、現場では29日未明から自治体関係者らが殺処分や通行車両などの消毒の作業に取りかかった。白い防護服姿の関係者が慌ただしく出入りし、普段は静かな山あいの集落はものものしい雰囲気に包まれた。

 ■新潟

 新潟県関川村の養鶏場で死んだ鶏から鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、近隣の養鶏農家からは感染の広がりを懸念する声が聞かれた。

 同県新発田市の養鶏会社の男性経営者は「県内では今まで大きな発生がなく、衝撃を受けた。消毒の徹底や外来者の出入りを最小限に抑えるなど衛生管理の基本を徹底するほかない」と話した。自社の運営する養鶏場の一部も搬出制限区域に含まれるといい「いつまで制限が続くのか、経済的な損失の大きさが読み切れない」と不安を訴えた。

 また、鶏卵を扱う流通業者は消費者に冷静な対応を呼び掛ける一方、今後の広がりへの懸念も示した。新潟県内でスーパーマーケットを26店舗展開する「スーパーマルイ」の仕入れ担当者は「今のところ仕入れ先から取引している養鶏場で鳥インフルエンザが発生したとの連絡はないが、今後、出荷制限などで県内の鶏卵流通量が減り、品薄になってしまう懸念はある」と話す。【松浦吉剛、芳賀竜也】

 ■青森

 「これ以上は危険。近付かないで」。青森市の農場周辺では、県職員らが付近の道路を通行する畜産関係車両や一般車両の消毒にあたった。農場は国道から離れた場所にあり、周辺の砂利道では防護服姿の作業員が近付く車を手を上げて制止。冬の水田地帯に緊迫した雰囲気が漂った。

 29日午前8時、雪が舞う中で作業員は黙々と噴霧式の器具で車の消毒を続けた。県は発生農場周辺のほか、農場から半径10キロ以内の国道280号上など計5カ所に消毒ポイントを設置。三村申吾知事は28日夜、「殺処分、埋却、消毒を速やかに行い、まん延を防ぐことが重要。周辺では車両の消毒で渋滞など考えられるが、県民も協力してほしい」と理解を求めた。【成瀬桃子】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddf/041/040/012000c

鳥インフル 鳥同士、強い感染力 防疫体制徹底を呼びかけ【毎日新聞2016年11月29日】
移動などの制限がかかった半径10キロ圏
 青森、新潟両県は28日深夜から29日未明にかけて、青森市の農場で飼育されている食用アヒルと、新潟県関川村の養鶏場の鶏について遺伝子検査を行い、いずれも毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが事実上検出されたと発表した。これを受け、青森県は農場のアヒル約1万6500羽、新潟県は養鶏場の鶏約31万羽の殺処分を開始。それぞれ24時間以内に殺処分し、72時間以内に埋却か焼却処分する。

【写真特集】新潟、青森で鳥インフル検出…31万匹殺処分
<鳥インフルの衝撃>大量殺処分に「人、足りない」…食品スーパー品薄も
【最近の鳥インフルでの殺処分の例を表で見る】
<鳥インフル>24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却・焼却
<まんがで解説>鳥インフルって?【2013年配信】
        ◇

 今月に入り、国内では秋田、鹿児島、鳥取、岩手4県で野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が19例確認されている。青森県の農場と新潟県の養鶏場で感染が疑われる鳥インフルも同じ高病原性ウイルスとみられ、これまでのウイルスと比べて鳥同士の感染力が強いのが特徴だ。中国では人に感染して死者も出ており、専門家は防疫体制の徹底を呼びかけている。

 鳥インフルは鶏やアヒルなど家禽(かきん)類の病気で、渡り鳥のカモ類が運び屋になっているとみられる。今回のウイルスは約10年前に中国で発生し、次第に周辺諸国に拡大。今年は韓国でも各地に感染が広がり問題化している。

 大槻公一・京都産業大鳥インフルエンザ研究センター長(獣医微生物学)は「2003年から東南アジアで感染が広がっているH5N1が変異したウイルスで、同じような病原性の強さがある。東北や九州・中国地方以外にもウイルスが広がっている可能性があり、養鶏場への野鳥の侵入防止や消毒など防疫対策の徹底が重要だ」と指摘する。

 また、世界保健機関(WHO)などによると、中国ではこれまでに人にも感染し、14年以降6人の死者が出ているという。濃厚な接触がなければ感染することはないが、大槻氏は「死んだ野鳥を見つけたら触らず保健所などに連絡してほしい」と呼びかけている。【千葉紀和】
http://mainichi.jp/articles/20161129/k00/00e/040/190000c

鳥インフル、殺処分開始 新潟・青森の32万6千羽対象【朝日新聞デジタル2016年11月29日】
【動画】新潟の養鶏場で鳥インフルを確認=熊倉隆広撮影

アヒルの殺処分のため、農場に入る県職員=28日午後10時40分、青森市四戸橋、榎本瑞希撮影

 青森県と新潟県の養鶏場などで鳥インフルエンザの疑いがある食用アヒル(フランス鴨(かも))やニワトリが見つかった問題で、青森県に続いて新潟県も29日、遺伝子検査の結果、高病原性と判断したと発表した。両県とも「H5亜型」のウイルスが検出され、感染拡大を防ぐため、発生場所で飼育されていた鳥の殺処分を開始。政府は関係閣僚会議を開いて対策の徹底を確認した。

フランス鴨、高病原性鳥インフルと確認 青森、殺処分へ
養鶏場のニワトリ、高病原性鳥インフルと確認 新潟
 殺処分の対象は、青森市の農場の食用アヒル約1万6500羽と新潟県関川村のニワトリ約31万羽。青森県では29日午前7時半現在、約3分の1にあたる6150羽の殺処分が完了。新潟県では、午前10時ごろまでに3400羽ほど処分したという。

 このほか、農林水産省や両県によると、青森市の農場から半径3キロの範囲にある4戸の計約1万4千羽の移動が禁じられ、3〜10キロの範囲にある3戸計約40万羽は出荷や運び出しが禁じられた。同様に、関川村の養鶏場の周囲では約60戸約50万羽の移動や運び出しが禁じられた。

 政府は29日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開いた。菅義偉官房長官は「政府一丸となって感染拡大の防止のため、緊張感を持って万全の対応をとっていく」と述べた。安倍晋三首相は、現地の情報をしっかり収集する▽関係各省が緊密に連携して徹底した防疫措置を迅速に進める▽国民に対して正確な情報を迅速に伝える――の3点を指示した。

 野鳥について調べている環境省によると、11月18日から28日までに秋田、岩手、鳥取、鹿児島の4県で野鳥の死骸などから高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5N6亜型」が確認されている。21日に警戒のための対応レベルを最高に当たる「レベル3」に引き上げていた。韓国でも同じ型のウイルスが見つかっているという。
http://www.asahi.com/articles/ASJCY332SJCYUTIL00F.html

鳥インフル32万羽殺処分 国、感染拡大を警戒 新潟・青森【朝日新聞デジタル2016年11月29日】
農場の入り口で、アヒルの殺処分のための資材を運んできたトラックを消毒する県の職員=29日午前0時8分、青森市四戸橋、榎本瑞希撮影
写真・図版
[PR]
 青森県と新潟県の養鶏場などで鳥インフルエンザ=キーワード=の疑いがある食用アヒル(フランス鴨〈かも〉)やニワトリが見つかった問題で、青森県に続いて新潟県も29日、遺伝子検査の結果、高病原性と判断したと発表した。両県とも「H5亜型」のウイルスが検出され、感染拡大を防ぐため、発生場所で飼育されていた鳥…

残り:1402文字/全文:1552文字
http://www.asahi.com/articles/DA3S12682276.html

青森県と新潟県で“鳥インフル”【読売新聞2016年11月29日】
28日、新潟県関川村にある養鶏場で約40羽のニワトリが死んでいるのが見つかった。新潟県が遺伝子検査を行った結果、毒性の強い高病原性の鳥インフルエンザに感染していることがわかった。新潟県は養鶏場の全てのニワトリ約31万羽の殺処分を始めるとともに、半径10キロ以内にある農場からの移動制限を行うなど感染拡大防止の対策を進めている。高病原性鳥インフルエンザが検出されたのは青森市四戸橋の農場で飼育されているフランス鴨と呼ばれる食用のアヒル。青森県は29日午前0時半前から、農場で飼育されている1万6500羽全ての殺処分を始めた。また、農場の入り口と半径10キロ以内の地点に5か所の消毒ポイントを設け、車両の消毒を行うなどして感染の拡大防止に全力をあげる方針=(C)NNN 2016年11月29日公開
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=05435

新潟、青森で鶏などの殺処分続く  鳥インフル、周辺被害確認されず【共同通信2016年11月29日】
H5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場で食用アヒルを殺処分する青森県職員=29日(青森県提供)
 新潟県関川村の養鶏場の鶏や青森市の農場の食用アヒルからH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、新潟県や青森県は29日も殺処分や防疫措置を続けた。両県によると、感染が確認された養鶏場や農場以外に新たな被害は出ていない。

 新潟県によると、県職員や自衛隊員ら計約330人が交代しながら24時間体制で作業に当たり、12月2日には全31万羽の処分を終える見通し。県が公開した映像によると、鶏舎では白い防護服を着用、作業後には消毒を受けている。

 養鶏場周辺では29日、トビ1羽とハクチョウ1羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査では、いずれも陰性だった。
http://this.kiji.is/176270004116029446?c=39546741839462401

http://archive.is/fckMl
http://archive.is/bsTBy
http://archive.is/H571p
http://archive.is/yY8wq
http://archive.is/LYER4
http://archive.is/1AcG8
http://archive.is/AiK8n
http://archive.is/S4FkR

posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: