2016年11月30日

県内養鶏業者ら緊張感 鳥フル国内猛威【Miyanichi e-press2016年11月30日】

 「いよいよ迫ってきた」「絶対に発生させない」。野鳥だけでなく、青森、新潟県の農場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、一夜明けた29日、県内の養鶏業者らの間では、これまで以上に緊張感が高まった。専門家は「すでにウイルスが本県に侵入している可能性が高い」と指摘し、一層の防疫徹底を呼び掛ける。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22962.html

宮崎県鳥インフル対策会議へ、九州・山口過去被害【読売新聞2016年11月29日】
 新潟県関川村の養鶏場で見つかった鶏の死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出た問題で、県は29日、鳥インフルエンザウイルスが確認されたと発表した。毒性の強い高病原性とみられ、県は同日未明、この養鶏場で飼育している鶏約31万羽の殺処分を始めた。青森市の農場で飼育されていた食用のフランス鴨からも高病原性とみられるウイルスが確認され、青森県が殺処分を進めている。

 高病原性鳥インフルエンザは過去に九州・山口など各地で発生しており、感染を食い止めようと警戒感が高まっている。

 ブロイラーの飼育羽数が全国トップの宮崎県は、29日午後、緊急の対策会議を開催する。同県内で2011、14年と発生が続いた際は直前に国内で野鳥への感染が確認され、養鶏場に広がった。県家畜防疫対策課の担当者は「いつ感染が起きてもおかしくない」と危機感を募らせる。

 国内最大のツルの越冬地・出水平野(鹿児島県出水市)で回収されたナベヅルなどから鳥インフルエンザウイルスが検出された鹿児島県では、関係者が養鶏場周辺で通行車両のタイヤを消毒するなど対策を徹底させている。

(ここまで465文字 / 残り66文字)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161129-OYS1T50076.html

鳥インフルエンザ「脅威すぐ近くに」 対策緊急会議 県庁 /宮崎【毎日新聞2016年12月1日】
 新潟、青森両県で鶏や食用アヒルから高病原性鳥インフルエンザの感染疑いが確認されたことを受けて、宮崎県は29日、養鶏関係者らを集めた緊急会議を県庁で開いた。約40人が参加し、鶏舎などでの防疫対策の徹底を確認した。

 会議では県の担当者が、新潟、青森両県での殺処分の状況や防疫措置について説明。11月中旬以降、鹿児島県出水市で野生のナベヅルから相次いでウイルスが検出されていることを挙げて「脅威はすぐ近くまで来ている」と注意を呼び掛けた。

 その上で鶏舎などへのウイルス侵入を防ぐために、長靴や作業着、車の消毒▽鶏舎周辺への石灰散布▽野生動物の侵入防止対策−−などの確認を求めた。

 県内各地に養鶏場があるウェルファムフーズ霧島事業所(鹿児島県)農場課の松元浩徳さん(55)は「防鳥ネットを整え、消毒や小動物対策もした。絶対にウイルスを入れないということを各農場に徹底している」と話した。【黒澤敬太郎】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k45/040/308000c

http://archive.is/WRZ3x
http://archive.is/D5nHv
http://archive.is/YPQu3

posted by BNJ at 22:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: