2016年11月30日

BirdListening 消えゆく鳥たち ヤンバルクイナ【毎日新聞2016年11月30日】

歩き回るのに適した、太い脚を持つ
 沖縄北部の山原(やんばる)地方にだけ生息するクイナの仲間で、1981年に発見された。黒い体に胸のしま模様、赤いくちばしと脚が特徴。朝や夕方に「キョキョキョキョ」とよく響く声で鳴く。外来種のマングースの影響や森林の消失、道路による生息地の分断、交通事故など、彼らを囲む環境は厳しい。<文・岡本裕子(日本野鳥の会)>
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddm/013/070/011000c

http://archive.is/LSBdr

posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: