2016年11月29日

鳥インフルエンザ カモ類ふんから検出 高病原性 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月29日】

 県は28日、鳥取市気高町日光の水田から採取されたカモ類のふん3個から、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 鳥取大学が18日に採取したヒドリガモかヨシガモのものとみられるふんを確定検査した結果、新たに判明した。周辺の10キロ圏内は今月21日、コガモのふんから同ウイルスが検出されたことを受けて野鳥監視重点区域に指定されている。県がパトロールし、異常がないか調べている。【高嶋将之】
http://mainichi.jp/articles/20161129/ddl/k31/040/556000c

http://archive.is/wiB0J
鳥インフルエンザ 環境省が野鳥調査 あすまで約20カ所 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月24日】

posted by BNJ at 22:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: