2016年11月30日

鳥インフル コハクチョウから高病原性検出 鳥取・米子【毎日新聞2016年11月30日】(鳥インフルエンザ鳥取県関連30日分まとめ)

 鳥取県は30日、同県米子市の米子水鳥公園で見つかったコハクチョウの死骸1羽と衰弱した1羽から、H5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。

 11月20日に公園職員が2羽を発見。国の遺伝子検査で25日に陽性と判明したため、鳥取大が確定検査をしていた。環境省は25日から周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定している。

 県内では、鳥取市内でもカモ類のふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。【高嶋将之】
http://mainichi.jp/articles/20161201/k00/00m/040/059000c

鳥取県米子市でも鳥インフル=環境省【時事ドットコム2016年11月30日】
 環境省は30日、鳥取県米子市で回収したコハクチョウ2羽の死骸などから、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出されたと発表した。野鳥やふんなどからのウイルス検出は全国で今季6カ所目。
 また、秋田市の動物園で死んだシロフクロウ2羽からもウイルスを検出した。この動物園ではこれまでに、コクチョウ3羽で感染が確認されている。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016113000750&g=soc

鳥インフルエンザ 警戒 県が対策を確認 庁内連絡会議 /鳥取【毎日新聞2016年11月30日】
 新潟、青森両県で飼育されている鶏やアヒルから、鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は29日、防疫対策を確認する庁内連絡会議を開いた。監視を強化し、鳥インフルエンザウイルスの家畜感染を防ぐことを確認した。

 県内では今月に入り、鳥取市気高町日光の水田で採取したカモ類のふんから、相次いでH5N6型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。県はこれまでに県内84の養鶏場に聞き取り調査をしたり、施設を直接巡回したりして設備に問題が無いかを点検。鶏に異常が無いことを確認している。

 この日、県庁で開かれた会議では、県内でも家畜に感染した場合に備え、消毒のためのオゾン水発生装置3台や消石灰1200袋、防護服2000着を約900万円で追加購入する予定であることなどが報告された。平井伸治知事は「農場を守るため監視し、万が一に備えた態勢作りを早急に進めたい」と話した。【小野まなみ】
http://mainichi.jp/articles/20161130/ddl/k31/040/453000c

http://archive.is/gLRF0
http://archive.is/TXNen
http://archive.is/vOkHH
鳥インフルエンザ カモ類ふんから検出 高病原性 鳥取 /鳥取【毎日新聞2016年11月29日】

posted by BNJ at 22:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: