2016年12月01日

社説 鳥インフル 拡大防止に万全尽くせ【どうしんウェブ2016年12月1日】

 新潟県と青森県の農場の鳥から、相次いで高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。

 国内の家禽(かきん)からのウイルス検出は昨年1月に岡山県、佐賀県で確認されて以来となる。

 政府は関係閣僚会議で、感染拡大防止に向け、防疫措置を進めることなどを確認した。道も対策会議を開いた。

 養鶏場をはじめ、他の施設に感染が広がれば、生産者のみならず消費者にも深刻な影響を与えかねない。万全を尽くすべきだ。

 道内にも、鶏卵や鶏肉の生産で大量に鶏を飼う施設が少なくない。感染源と考えられる野鳥との接触を遮断するなど、きめ細かく対応してほしい。

 強毒性で大量死につながる高病原性のウイルスが検出されたのは、新潟県の鶏と青森県の食用アヒルである。

 類似のウイルスは今年夏、ロシアやアラスカの野鳥のカモ類で、10、11月には韓国の野鳥で確認され、政府は渡り鳥が南下する冬場の国内での感染を警戒していた。

 感染ルートの特定に向けた国内外の情報収集が急がれる。

 道によると、鶏などを100羽以上育てる道内208カ所の施設に今のところ異常はないという。

 ただ、苫小牧市で回収されたハヤブサの死骸で鳥インフルエンザの陽性反応があり、高病原性かどうかを検査中だ。

 道内には、万羽単位で鶏を飼う生産者が多く、感染して殺処分となれば被害は大きい。卵や鶏肉の値段にも影響しかねない。

 養鶏場では、野鳥の侵入を防ぐ網の設置とともに、ネズミなどを介したウイルスの移動を防ぐための消毒用石灰の散布などを入念に行う必要がある。

 道民の協力も欠かせない。例えば、湖や沼での渡り鳥の観察だ。

 環境省北海道地方環境事務所は、野鳥に触らないことに加え、靴の消毒を促している。水辺を歩いた時、ウイルスを含んだ鳥のふんを踏む恐れがあるためだ。

 死んだ野鳥を見つけたら、近づいたり触れたりせず、道の振興局や市町村への連絡を心がけたい。

 農林水産省は、人が鳥インフルエンザにかかる可能性は極めて低いとしている。国内で鶏肉や卵を食べて感染した例も報告されていないという。

 鶏肉の高騰を招くような風評被害を避けるためには、消費者の冷静な対応が肝心だ。その意味でも関係機関には正しい情報を迅速に伝えるよう求めたい。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0094700.html

http://archive.is/WcujR
鳥インフル 円山動物園も警戒 鳥類とふれあうイベントを中止【どうしんウェブ2016年12月1日】

posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: