2016年12月01日

登米の鳥インフル 県が情報連絡会議、防疫措置など確認【産経ニュース2016年12月1日】(他2ソース)

 登米市内で野鳥のマガンから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は30日、関係各課と地方振興事務所の担当者を集めた情報連絡会議を開き、養鶏場での感染が疑われる事例の発生に備え、殺処分などの防疫措置といった役割分担を確認した。

 県内では登米市のほか、栗原市内で先月26日に見つかったマガンの死骸から鳥インフルエンザの陽性反応が出ており、高病原性かどうか確定検査をしている。

 また、仙台市も30日、危機連絡会議を開き、防疫対策などで県から支援を求められた場合、人的支援を行うことなどを確認した。
http://www.sankei.com/region/news/161201/rgn1612010052-n1.html

<鳥インフル>宮城県 感染拡大時の役割確認【河北新報オンラインニュース2016年12月1日】
 宮城県登米市の民家敷地内で見つかったマガンから強毒性のH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのを受け、宮城県は30日、出先機関を交えた情報連絡会議を仙台市内で開き、家禽(かきん)に感染が拡大した時の対応などを協議した。
 約50人が出席し、非公開で行われた。県畜産課によると、家禽の感染が判明した青森、新潟両県の対応状況などを説明。県内の養鶏農家での発生を想定し、各課や出先機関の役割や防護服など資材の準備などを再確認した。
 同課の中鉢正信課長は「感染の危険性はかつてないほど高まっている。情報を共有し、準備を怠らないようにしたい」と話した。
 県が29日に設置した対策本部の対応レベルは5段階で最も低い1。県は、死んだ野鳥には素手で触らないことや、同じ場所で多数の野鳥が死んでいるのを見つけたら市町村に連絡するよう呼び掛けている。
 登米市も布施孝尚市長を本部長とする対策本部を29日に設置。市は注意文書を全戸配布する。
 市内では、養鶏農家4軒が計約3万1000羽を飼っているが被害は出ていない。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161201_13027.html

鳥インフル、県が連絡会議【読売新聞2016年12月1日】
県の関係各課の担当者が集まって行われた情報連絡会議(仙台市で)
 登米市で野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが初めて検出された問題で、県は30日、関係各課の担当者らによる情報連絡会議を開催した。登米市や仙台市も対策会議を開くなど、県内で警戒感が高まっている。

 県の会議の冒頭、県畜産課の中鉢正信課長は、29日に県内で初めてウイルスが確認されたことや、青森県や新潟県で鶏やカモなどの家禽かきんに感染していることに触れ、「本県での発生についても、かつてないほどの危険性が高まっていると認識しなければならない」と注意を呼びかけた。会議では、県内の養鶏場で感染が確認された場合を想定し、消毒に使用する石灰や防護服の備蓄状況などを確認した。

 一方、登米市は29日付で布施孝尚市長を本部長とする現地防疫本部を設置し、30日に初会合を開いた。会合では市民に注意喚起するため、チラシの全戸配布や、小中学校を通じて児童、生徒への周知も徹底することを決めた。

 仙台市もこの日、危機管理室と市内5区、関係各課による危機警戒本部を設置。危機管理室は県の対策への支援が必要となる場合などに備え、態勢を再確認するよう指示した。
http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/news/20161130-OYTNT50300.html

http://archive.is/F0io5
http://archive.is/TyTx6
http://archive.is/RaQsm

posted by BNJ at 12:09 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: