2016年12月01日

鳥インフル、佐渡汽船が水際対策【新潟日報モア2016年12月1日】(トキ)

 佐渡汽船は1日、関川村と上越市でH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、新潟市中央区の新潟港ターミナルの乗船通路に消毒マットを用意するなど水際対策を始めた。

 カーフェリー乗り場の改札内に、消毒液を染み込ませたマットと靴底消毒を呼び掛ける看板を設置。乗船客がマットを踏んで通ることで靴底の消毒をしてもらう。ジェットフォイルの乗船口にも今後、同様の対策を進める。

 佐渡汽船は「佐渡にはトキもいるので、鳥インフル感染の予防に努めたい」としている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161201294511.html

http://archive.is/X71zF

posted by BNJ at 22:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: