2016年12月01日

野鳥の調査結果 県がHPで公開 鳥インフル検出受け【新潟日報モア2016年12月1日】

 関川村の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、県は1日から、ホームページ上で、養鶏場周辺で死んだり弱ったりした野鳥がウイルスに感染しているかどうかの調査結果を公表する。結果は2日以降、毎日更新される。

 県は29日以降、養鶏場の周囲半径10キロ以内の区域を巡回して野鳥の様子を調べている。29、30の両日は野鳥へのウイルス感染は確認されなかった。

 県は、多くの野鳥が死んでいるのを見つけた場合は素手で触らず、県や市町村などに連絡するよう呼び掛けている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20161201294422.html

http://archive.is/gBcHN

posted by BNJ at 22:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: