2016年12月03日

いしかわ動物園「トキ効果」来園者増加 11月、04年以降最多の2万3509人 「酉年にも期待」 /石川【毎日新聞2016年12月3日】(既報関連ソースあり)

大勢の来園者にも慣れ、止まり木で羽を休めるトキ=石川県能美市徳山町のいしかわ動物園で、久木田照子撮影
 11月19日に国特別天然記念物・トキの一般公開を始めたいしかわ動物園(能美市徳山町)の11月の来園者数が2004年以降、最多の2万3509人に達した。例年、冬季は来園者数が落ち込むが、同園は「今年はトキ効果が大きい」と喜ぶ。特に年配者が増えており、トキに日本の原風景を重ね合わせる来園者が多いようだ。【久木田照子】

 同園によると、1999年の開園効果が落ち着いた04年以降、11月の来園者は約1万5000〜2万2000人で推移している。昨年同月は1万9469人だった。

 同園は来園者の年代別内訳は集計していないものの、スタッフによる見た目では11月、年配者の割合が急増した。通常の平日は、年配者の割合は多くて5%程度だが、11月は9割に上った日があったという。園として65歳以上の増減数が把握できる「年間パスポート」に限っても、購入した65歳は昨年同月比で6倍の41人だった。

 同園は年配層の急増について「一眼レフカメラでこだわりの写真を撮りたい人が多く、孫と連れ立って行く楽しみもある」とみる。スタッフが声がけしたところ、トキを見に東京や大阪から訪れた人も。「来年は酉(とり)年で、トキは色も奇麗で新年にふさわしい。年賀状にぴったりです」とアピールする。

カピバラも人気

園内の「露天風呂」を満喫するカピバラ=石川県能美市徳山町のいしかわ動物園で、久木田照子撮影
 冬季はトキ以外の展示にも趣向を凝らす。11月からはカピバラが35度の湯船につかる「カピバラ温泉」を開始。前脚で湯加減を確かめたり、打たせ湯に打たれたりする可愛らしい姿が見られる。園内を5羽のマゼランペンギンが歩く「ペンギンのお散歩タイム」(毎日午後1時〜)も間近に見られるとあって人気だ。


マゼランペンギンを間近で観察できる「ペンギンのお散歩タイム」=石川県能美市徳山町のいしかわ動物園で、久木田照子撮影
 家族4人で訪れた川北町土室、パート従業員、沖泙(おきなぎ)雪恵さん(33)は「トキを見たくて来た。冬には、寒さが得意な動物を見に来たい」と話していた。
http://mainichi.jp/articles/20161203/ddl/k17/040/260000c

http://archive.is/C7NXe
石川 トキ守る思い カードに いしかわ動物園 津幡高生や来園者【中日新聞2016年11月24日】
トキ効果 入園者ぐんぐん…いしかわ動物園【読売新聞2016年11月24日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: