2016年12月03日

こちらいきもの研究会「あやかりたい」と石上神宮へ 「あるがまま」に飛躍を誓う【毎日新聞2016年12月3日】(東天紅/日本鶏)

日本三大長鳴鶏の一種「東天紅」。境内に澄んだ高い声が響く=奈良県天理市の石上神社で、福家多恵子さん撮影
 年々、時の流れが早くなり、気付けば今年もあと1カ月。やり残したことを数えて焦っていても仕方ない。先のことを考えよう。来年のえとは「酉(とり)」。奈良県天理市にある石上(いそのかみ)神宮には、神様のお使いともされる、ありがたいニワトリが暮らすという。あやかりたいものだと会いに行ってきた。

 石上神宮は国内最古の神社の一つ。参道にはうっそうと常緑樹が茂り、ちらほらと交じる紅葉が木漏れ日を反射して光る。冷えた空気がすがすがしい。身の引き締まる思いで鳥居をくぐり、玉砂利に一歩踏み出すと、「コッケコッコ〜〜〜〜〜」。10秒以上は続いただろう。高く澄んだ声が響き渡った。日本三大長鳴鶏(ながなきどり)の一種「東天紅(とうてんこう)」だ。


天然記念物にも指定されている「小国」。羽ばたく姿がりりしい!=奈良県天理市の石上神社で、福家多恵子さん撮影
 近寄って見ると、首回りは光沢のあるオレンジ色。胸や腹は黒く、尾羽も立派だ。こんなに美しいニワトリがいたのかと感動した。縄で囲われた祓所(はらいしょ)には「烏骨鶏(うこっけい)」の集団も。白い羽毛がフカフカして温かそう。走り寄って来たのは、白黒カラーの「小国(しょうこく)」だ。体長50センチはありそうな堂々とした体格で、羽ばたく姿がとてもりりしい。

 このほかにも「碁石」「久連子鶏(くれこどり)」「蓑曳(みのひき)」など、色とりどりの珍しいニワトリたちが境内を自由に闊歩(かっぽ)する。権袮宜(ごんねぎ)の市村建太さん(35)によると、「今は8品種、雑種も入れて40羽くらいが放し飼いになっている」そうで、参詣者たちを喜ばせている。今の時期、「年賀状に使うねん」とカメラを構えて、熱心に撮影する人も多い。


社務所の看板娘、チャボのクロちゃん。人懐こくて、かわいい=奈良県天理市の石上神社で、福家多恵子さん撮影
 個人的に一番心奪われたのは、社務所の看板娘、チャボの雑種のクロちゃんだ。もうかなり高齢のおばあちゃんらしいが、人懐こくて、なでると気持ち良さそうに目を細めてくれる。受付カウンターの上でお昼寝していると、置物と勘違いした人々に驚かれるのもご愛嬌(あいきょう)。両手でコロンと包める大きさなのもかわいい。

 ニワトリを飼い始めたきっかけを聞くと、「40年ほど前、境内の外れにいたのを招き入れたとの話もあるが、はっきりしない」と市村さん。「神道でニワトリは暁の時を告げる神聖な鳥。縁があったということでしょう」とおおらかに話す。最初は2、3羽だったのが、奉納を受けたり、迷い鳥を引き取ったり、自然繁殖するうちに増えていったのだという。


モフモフの羽毛が魅力の烏骨鶏の皆さん=奈良県天理市の石上神社で、福家多恵子さん撮影
 ただ、ここのご祭神と直接の関係があるわけではないため、「神使(しんし)」ではなく、「神域にすむニワトリ」という意味で「ご神鶏(しんけい)」と呼ぶそうだ。さぞかし大事にされていると思いきや、「世話らしい世話はしていない」と意外な答え。「朝に近隣農家の方からもらった古米をあげて、夜は烏骨鶏など飛ぶのが苦手な鳥だけ鶏舎に入れる。それだけ」。あとは虫などを勝手に取って食べ、夜は木の枝に登って眠り、時にはヘビやイタチと壮絶なバトルを繰り広げることもあるのだとか。

 「見目良し、声良し、愛想良し」の三拍子そろった上に、「いざとなったら屋根の上までひとっ飛び」とたくましいニワトリたち。私も来年こそ飛躍の年になるように、ぜひ見習いたい。どうやったらなれますか? 「あるがまま。弱肉強食ですね」。来年から本気出す。(ライター・福家多恵子、写真も)

石上神宮
 奈良県天理市布留町384、電話0743・62・0900。JR・近鉄天理駅から徒歩30分(車で5分)。拝殿の開門時間はおよそ5時半〜17時半(季節で変動)。12月末から酉年限定の「ご神鶏みくじ」(400円)を販売する。

長鳴鶏
 通常より長く鳴くように品種改良されたニワトリ。日本三大長鳴鶏は「声良(こえよし)」「蜀丸(とうまる)」「東天紅」で、それぞれ国の天然記念物に指定されている。

 ■人物略歴

ふくや・たえこ

鶏舎をのぞく筆者=奈良県天理市の石上神社で、福家多恵子さん提供
 大学で生物研究同好会に在籍して以来、身近な生き物の不思議を探求するのがライフワーク。養鶏業者の親戚の手伝いで、卵を割らずに素早く集めるのがうまくなったが、機械化された今では生かす場所がない。写真は鶏舎をのぞく筆者。
http://mainichi.jp/articles/20161203/ddf/012/070/017000c

http://archive.is/LBzQp

posted by BNJ at 21:56 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: