1963年06月30日

大空を追われ 福井のコウノトリ死ぬ【毎日新聞1963年6月30日】

<1963(昭和38)年6月30日朝刊社会面>

 【小浜】福井県小浜市次吉の水田で二十八日夕刻、天然記念物“コウノトリ”が死んでいた。外傷はなく死因は農薬による毒物死か老衰かわからない。同市ではこれまで昭和三十四年に親鳥が老衰死し、三十五年ヒナが感電死しており、残りは二羽だけである。
http://mainichi.jp/articles/20160712/org/00m/040/010000d

http://archive.is/DhBME
大空を追われ トキのヒナ、佐渡で一羽育つ【毎日新聞1963年6月20日】
大空を追われ 兵庫のコウノトリ一羽死ぬ【毎日新聞1963年3月6日】
大空を追われ コウノトリの成鳥を中国から 絶滅を心配して兵庫県が動く【毎日新聞1963年1月18日】
大空を追われ 農薬で?コウノトリ死ぬ【毎日新聞1962年7月20日】
大空を追われ 珍鳥は滅びず 絶滅寸前のコウノトリの巣 今年は11個も発見【毎日新聞1958年6月17日】
大空を追われ 少なくなったコウノトリ ツルにそっくり 六月に全国で数を調べみんなで大切に保護【毎日新聞1958年5月10日】
大空を追われ “斜陽”のバレリーナ 田園に舞うわずか30羽 コウノトリ【毎日新聞1957年9月1日】

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: