2016年12月05日

鳥インフル 小野・鴨池に環境省が調査チーム派遣【神戸新聞NEXT2016年12月5日】

 環境省は5日、野鳥のふんから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出された兵庫県小野市の男池(鴨池)周辺に、野鳥緊急調査チームを派遣する、と発表した。6〜8日に、野鳥調査の専門業者2人が、現地で鳥の不審な死亡事例の有無などを確かめる。

 同池のふんからは、1日に毒性の強いウイルス「H5N6型」が確認され、同省が採取地点から10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

 調査チームは周辺の鳥類の生息状況を調べ、鳥インフルエンザの調査方法などを、県職員らに指導するという。(斉藤正志)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009726777.shtml

http://archive.is/thbDX
鳥インフルエンザ 防止へ対策 郷公園、池や湿地の水抜く /兵庫【毎日新聞2016年12月3日】

posted by BNJ at 23:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: