2016年12月12日

ミッドウェー環礁で「世界最年長」の海鳥が産卵【AFPBB News2016年12月11日】

世界最年長の海鳥とされるミッドウェー環礁国立自然保護区のコアホウドリ「ウィズダム」(左)のカップル。米魚類野生生物局提供(2015年11月21日撮影、資料写真)。(c)AFP/US FISH NAD WILDLIFE SERVICE/KIAH WALKER
【12月11日 AFP】太平洋のミッドウェー環礁国立自然保護区(Midway Atoll National Wildlife Refuge)で、世界最年長の海鳥とみられるコアホウドリが産卵し、卵を温めている。同保護区の当局者が10日、明らかにした。

「ウィズダム(Wisdom)」の名前で知られるこのコアホウドリは少なくとも66歳で、野鳥の繁殖の世界最年長記録を順調に達成しつつある。

 ウィズダムは2006年から少なくとも9羽のひな鳥を育て、生涯を通じた移動距離は300万マイル(約480万キロ)に上っている。先月23日には、ウィズダムとカップルになった「アケーアカマイ(Akeakamai)」の姿が巣の近くで確認されていた。

 ミッドウェー環礁国立自然保護区は世界最大規模のアホウドリの生息地で、繁殖可能な個体数は通年で300万羽と推計されている。
http://www.afpbb.com/articles/-/3110956

【海外こぼれ話】世界最高齢出産の野鳥 米保護区【産経ニュース2016年12月12日】
 太平洋上にある米国の鳥獣保護区で、世界最高齢とみられるアホウドリの雌「ウィズダム」が卵を産み、温めている姿が確認された。欧米メディアが伝えた。

 ウィズダムは少なくとも66歳で、生存する野鳥としても最高齢とみられる。巣の近くでは“お相手”の雄の姿も見られ、保護区のスタッフは「感動した」と喜んでいる。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/161212/wor1612120026-n1.html

http://archive.is/GRP19
http://archive.is/jefWo

posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: