2016年12月15日

明和町で野鳥から鳥インフル オオタカ1羽、簡易検査陽性【伊勢新聞2016年12月15日】(他1ソース/既報1ソース)

 県は十四日、明和町内で死んでいた野鳥のオオタカ一羽に対する簡易検査で、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。より毒性の強い高病原性鳥インフルエンザに感染しているかを調べる検査を鳥取大に依頼している。高病原性の感染が確認されれば、県内では紀宝町と南伊勢町で約三十万羽が殺処分された平成二十三年以来となる。

 県によると、十四日午前九時半ごろ、車庫の屋根で死んでいたオオタカを見つけた住民が県に通報。県南勢家畜保健衛生所の簡易検査でA型の陽性反応が出た。鳥取大に検体を送付し、結果が出るには一週間ほどかかる見通し。

 県は感染拡大を防ぐため、現場から半径三キロ内の養鶏場一軒を消石灰で消毒した。この養鶏場の鶏に異常はないという。環境省の指針に基づき現場から半径十キロ内の同町、津市、松阪市、玉城町、伊勢市の一部を野鳥監視重点区域に指定し、監視を強化する。

 県が鳥インフルエンザの簡易検査を実施したのは今シーズンに入って十六例目だが、陽性反応は初めて。死んだオオタカが見つかった現場の周辺では十二日ごろから、このオオタカとみられる野鳥が弱っているのが目撃されていたという。

 オオタカは県のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されている。通常は半径数キロの縄張りを移動するため、県は付近に飛来した渡り鳥から感染した可能性が高いと推定。「死んだ鳥を見つけた時には触らず県に通報してほしい」と呼び掛けている。

 ■鈴木英敬知事の話
 簡易検査のため確定したわけではないが、県内の野鳥で鳥インフルエンザウイルスが確認され、残念な結果となった。農場で発生した場合に備えて準備するとともに、発生時は迅速に防疫措置を取って早期の収束に努める。
http://www.isenp.co.jp/news/20161215/news01.htm

鳥インフル 死んだ野鳥オオタカ陽性 三重・明和【毎日新聞2016年12月15日】
 三重県は14日、同県明和町の民家の屋根で死んでいた野鳥のオオタカから、簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。鳥取大で感染の確定検査を行う。結果判明に約1週間かかるという。

 県農林水産部によると、同日午前9時半ごろ、民家の住人から県に「車庫の屋根で大きな鳥が1羽死んでいる」と通報があった。県南勢家畜保健衛生所(松阪市)での検査で陽性反応が出たため、県は民家から半径3キロ以内にある養鶏場1カ所を立ち入り検査し、出入り口や鶏舎周辺に消石灰を散布して消毒した。養鶏場には約200羽が飼育されているが異常はないという。

 環境省は民家から半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。区域内に12カ所の養鶏場や飼育場があり、県職員が毎日巡回するなどして野鳥の監視を強化する。【田中功一】
http://mainichi.jp/articles/20161215/k00/00m/040/102000c

野生のオオタカに鳥インフル疑い 三重【朝日新聞デジタル2016年12月14日】
 三重県は14日、同県明和町で死んでいた野生のオオタカ1羽に鳥インフルエンザ感染の疑いがあると発表した。今後、鳥取大で高病原性ウイルスの確定検査をする。結果判明まで1週間ほどかかるという。現時点で、周辺の養鶏場などで異常は見つかっていない。

 県畜産課によると、14日午前9時半ごろ、県民の通報を受けて町内でオオタカ1羽の死骸を回収。県南勢家畜保健衛生所で簡易検査したところ、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出た。環境省は発生地から半径10キロ以内(明和町、玉城町、伊勢市、津市、松阪市の各市町の一部)を野鳥監視重点区域に指定し、県が野鳥の監視を強化する。

 感染が確認されれば三重県内では、2011年2月に紀宝町と南伊勢町で発生し、約30万羽が殺処分されて以来となる。
http://www.asahi.com/articles/ASJDG5SN2JDGONFB01J.html

http://archive.is/BKyBm
http://archive.is/7k70w
http://archive.is/H6lJA
逃げず、目もうつろ…「この鳥はおかしい」 鳥インフル「陽性」のオオタカ発見者 真岡【下野新聞SOON2016年12月13日】(他4ソース)

posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: