2016年12月15日

新たにシジュウカラガン死ぬ 東山動植物園の鳥インフル【朝日新聞デジタル2016年12月15日】(他1ソース)

名古屋城の外堀で野鳥を調査する環境省の調査員=名古屋市中区
[PR]
 東山動植物園(名古屋市千種区)は14日、園内の動物病院に隔離していた雄のシジュウカラガン1羽が同日、新たに死んでいるのが見つかり、死後の鳥インフルエンザの簡易検査で陽性だったと発表した。9日の簡易検査では陰性だった。

 一方、園内の鳥舎で3日に死んだ雄のコシジロヤマドリは、国の確定検査で陰性だったと発表した。死因は心不全だったという。

 園で飼育している鳥をめぐっては13日までに、7羽で鳥インフルエンザの感染が確定した。コシジロヤマドリのいた鳥舎は、この7羽が飼われていた2カ所の池から離れた場所にあり、現在もキジやツルなど24羽が飼育されているが、現時点で異常はないという。

■環境省が緊急調査チーム派遣 野鳥を監視

 東山動植物園(名古屋市千種区)で飼育する鳥の高病原性鳥インフルエンザ感染が相次いで確認されていることを受け、環境省の派遣した緊急調査チームが14日、同園から10キロ圏内での野鳥などの監視を始めた。

 チームは一般財団法人自然環境研究センターの野鳥の専門家2人で、今後1〜2人を増員する。野鳥の飛来が多い川や池など10〜15カ所を回り、鳥が大量に死んでいないかや異常な行動がないかなどを調べる。

 この日は名古屋城(名古屋市中区)の外堀を訪れ、双眼鏡などで水面を観察した。渡り鳥など15種類がいることを確認したが、異常はみられなかったという。

 調査は18日まで続け、同日中に結果を公表する予定にしている。
http://www.asahi.com/articles/ASJDG5S6DJDGOIPE020.html

東山動植物園 絶滅危惧種シジュウカラガン1羽死ぬ【毎日新聞2016年12月15日】
 名古屋市千種区の東山動植物園は14日、新たに絶滅危惧種のシジュウカラガン1羽が死に、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。確定検査を進める。同園では7羽で高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)の感染が判明、死んだ鳥は殺処分された2羽を含め11羽となった。

 シジュウカラガンが死んだのは3羽目。古代池で飼育され、5日から動物病院で隔離されていた。

 また、3日に死んだコシジロヤマドリは確定検査で陰性だったことも明らかにした。コシジロヤマドリは感染が確定した7羽と別の鳥舎で飼われ、野鳥との濃厚接触が想定されないため、同園は「鳥インフルエンザウイルスが園全体に広がっている可能性は低くなった」としている。

 確定検査の結果が出ていないのは4種7羽となった。

 一方、環境省は14日、愛知県に野鳥緊急調査チームを派遣し調査を開始した。同日は名古屋城(名古屋市中区)の堀で、自然環境研究センター(東京都)の研究員2人と環境省職員が双眼鏡で野鳥を1羽ずつ観察し、死んだ鳥や病気の鳥がいないことを確認した。

 調査チームは18日まで、同園から半径10キロの野鳥監視重点区域にある川や池など渡り鳥が集まる場所を中心に10〜15カ所を調べる。【三上剛輝、長谷部光子】
http://mainichi.jp/articles/20161215/k00/00m/040/095000c

http://archive.is/6utJE
http://archive.is/kM0O0
簡易は陰性、一転陽性 東山動植物園、2羽を初の殺処分【朝日新聞デジタル2016年12月14日】(東山動植物園鳥インフルエンザ関連14日分まとめ)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: