2016年12月15日

鳥インフルエンザ 大館 ハクチョウ2羽死骸、ともに陰性 /秋田【毎日新聞2016年12月15日】(簡易検査結果/確定検査待ち)

 大館市で14日、野生のハクチョウ2羽の死骸が見つかった。県は鳥インフルエンザに感染している可能性があるとして、簡易検査を実施したところ、2羽とも陰性だった。県は詳細な検査が必要として、今後、遺伝子検査を行う予定。

 大館署によると、同日午後3時半ごろ、同市釈迦内の下内川周辺の田んぼで、ハクチョウ2羽が死んでいるのを、通行人の男性が見つけ、通報した。

 県内では11〜12月、秋田市の大森山動物園で飼育していたコクチョウとシロフクロウ計6羽が、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)の感染が確認されている。

 今季は全国で相次いで鳥インフルエンザの感染が確認され、環境省の定める野鳥の監視レベルが引き上げられている。【池田一生】
http://mainichi.jp/articles/20161215/ddl/k05/040/181000c

http://archive.is/q9OaZ

posted by BNJ at 22:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: