2016年12月17日

軽井沢の森に住む野鳥のイロイロにふれるイベント「イロトリドリの街」を開催│2017年3月18日〜5月15日【軽井沢星野エリア】株式会社星野リゾート【プレスリリース2016年12月17日】

軽井沢星野エリアは、2017年3月18日から5月15日まで、野鳥に接する機会が少ない方も、野鳥の愛らしさや奥深さを知ることが出来るイベント「イロトリドリの街」を開催します。年間約80種類の野鳥が見られる「国設軽井沢野鳥の森」に隣接する星野エリアは、野鳥の観察に最適な場所です。野鳥の日々の暮らしを身近に感じられる「巣箱ツリー」や「小鳥テラス」などの仕掛けが、星野エリアに散りばめられます。
青や黄色のカラフルな野鳥が南国から軽井沢に渡ってくる春は、野鳥観察のベストシーズンです。軽井沢の春は、木々の葉があまり茂っておらず、小さな野鳥を見つけやすいことも、春がおすすめの理由です。



イロトリドリの街のシンボル「巣箱ツリー」

「イロトリドリの街」のシンボルは「巣箱ツリー」です。赤や青など、カラフルで小さな巣箱が高さ約10mの木を鮮やかに彩ります。
■場所:星野エリア もみの木広場

野鳥観察の特等席「小鳥テラス」

川辺には動物の毛など、野鳥の巣の材料が吊るされます。様々な野鳥が巣材をくわえて飛び去る様子が、テラス席から良く見えます。野鳥に気づかれることなく、鳥たちの暮らしをゆっくりと見守ることができます。
■時間:9:00〜17:00
■場所:ハルニレテラス丸山珈琲前

小鳥の水浴びスポット「バード・バス」

星野エリア内の源泉かけ流しの湯「トンボの湯」は、内湯と露天風呂が楽しめる開放的な温泉です。露天風呂のそばには、可愛らしい野鳥の水浴びが見られる「バード・バス」が登場します。
■時間:9:00〜17:00
■場所:トンボの湯
■料金:トンボの湯利用料1,300円(税込)

世界で一つのデザイナーズ巣箱「小鳥の別荘」
木工デザイナーが特別にデザインした巣箱「小鳥の別荘」がエリア内に飾られます。個性的なデザインが揃い、見ているだけでも楽しい別荘に、小鳥が入る様子も見られます。
■場所:ハルニレテラス

軽井沢星野エリアは、明治時代に日本に愛鳥思想を広めた中西悟堂が頻繁に滞在した場所です。中西悟堂ゆかりの地であるこのエリアから、今後も愛鳥文化を広める企画を行って参ります。

「イロトリドリの街」開催概要
■期間:2017年3月18日〜5月15日
■場所:軽井沢星野エリア
■料金:無料 *バード・バスのみトンボの湯内のため利用料1名1,300円(税込)

軽井沢星野エリア
大正時代、文豪や芸術家が集い、コミュニティが形成されていた星野エリア。古くから多くの人に愛されているこの場所は、現在、自然や文化を愛する人々が集う“小さな街”となりました。100本を超えるハルニレの樹々を渡る爽やかな風、川のせせらぎと柔らかな木洩れ陽。美しい自然は今も変わらずここにあり、心が豊かになる「軽井沢ライフ」に彩りを添えています。
〒389-0194 長野県軽井沢町星野
http://www.hoshino-area.jp/

星野リゾート リリース一覧
http://www.hoshinoresort.com/information/release/

https://www.value-press.com/pressrelease/175352

http://archive.is/7rfwE

タグ:中西悟堂
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: