2016年12月17日

山口)ツルの里も雪化粧 周南・八代盆地【朝日新聞デジタル2016年12月17日】

餌をついばむナベヅル=周南市、竹林賢二さん撮影

 県内各地が雪に見舞われた16日、本州唯一のナベヅル越冬地、周南市の八代盆地で、市内の写真愛好家、竹林賢二さん(64)が餌をついばむ3羽の姿をカメラにとらえた。

 3羽は、10月25日に第1陣として飛来した親子とみられ、午前9時半ごろ、野鶴(やかく)監視所から南東に130メートル離れた水田で仲良く餌をついばんでいたという。

 市鶴いこいの里センターによると、この日は昼近くまで雪が降り、6センチほどの積雪があったという。30年近くツルを撮り続けているという竹林さんは「雪がうれしいのか、とても元気に動き回っていました」と話した。(三沢敦)
http://www.asahi.com/articles/ASJDJ5F1SJDJTZNB01L.html

http://archive.is/mAqSS
ナベヅル 成鳥1羽が八代飛来 周南 /山口【毎日新聞2016年11月25日】
交流授業 ツルをテーマ 佐賀県伊万里で出水・荘中生徒 越冬の現状と分散化訴え /鹿児島【毎日新聞2016年12月10日】(既報1ソース)

posted by BNJ at 11:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: