2016年12月20日

鏡石で鳥インフル「陽性」 オオハクチョウ、高病原性か確認へ【福島民友ニュース2016年12月20日】(他1ソース)

 県は19日、鏡石町の高野池で死んでいたオオハクチョウ1羽が、A型鳥インフルエンザウイルスに感染していたと発表した。このオオハクチョウは簡易検査では陰性だったが、その後の国立環境研究所の遺伝子検査で陽性と判明した。陽性と判明したのは今季3例目。検体は北海道大に送られ、高病原性かどうか検査される。

 高野池から南東に約6.5キロ離れた矢吹町の阿武隈川河川敷では、遺伝子検査で陽性と判明したオオハクチョウ1羽が発見されている。県は「県中から県南にかけて飛来した一群ではないか」と推察している。

 鏡石町で見つかったオオハクチョウが高病原性と判明した場合、発見場所から半径3キロに入る100羽以上の養鶏場を立ち入り検査するが、対象となる養鶏場はない。100羽未満を飼育している農家は7軒で、県の調査で異常はなかった。また環境省は同日、発見場所を起点に半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。10キロ圏内にある鳥類を扱うペットショップなど5施設に異常はないという。

 県は同日、県庁で関係部局による緊急会議を開き、監視体制の強化などを確認した。高野池は農業用ため池だが、県は「農業に影響があったという事例はない」としている。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161220-135974.php

鏡石で鳥インフル 県内今季3件目、強毒性か確認へ【福島民報2016年12月20日】
 県は19日、鏡石町大宮の高野池で見つかったオオハクチョウ1羽の死骸を遺伝子検査した結果、鳥インフルエンザウイルスA型の陽性反応が出たと発表した。北海道大で確定検査をし、強毒性の高病原性ウイルスかどうかを調べる。県内の野鳥から陽性反応が出たのは福島市、矢吹町の事例に続いて3件目。
 県によると、オオハクチョウは14日午後1時40分ごろ、農業用ため池の高野池の水面に浮いているのを巡回中の鏡石町職員が発見した。県県中地方振興局による簡易検査では陰性だった。
 県は国立環境研究所(茨城県つくば市)に検体を送り遺伝子検査を実施していたが、19日午後3時に環境省から陽性反応が出たとの連絡を受けた。確定検査では(1)陽性かつ高病原性(2)陽性だが高病原性ではない(3)陰性−のいずれかとなる。判明には数日から1週間程度かかる。
  ◇    ◇
 環境省は19日、オオハクチョウの発見場所から半径10キロ圏の9市町村(鏡石、須賀川、矢吹、玉川、天栄、白河、泉崎、中島、石川)の一部または全域を野鳥の監視重点区域に設定した。
 現場は矢吹町で9日に発見されて遺伝子検査で陽性となり、確定検査中のオオハクチョウの発見場所から北西に約6・5キロの地点。県は市町村と連携して河川敷などで死んだり、異常行動を示したりする野鳥がいないか監視を強化する。
 県は19日、発見場所の半径3キロ圏内で鶏など家禽(かきん)を100羽未満飼育する農家など7軒、県中・県南地方で鳥を扱うペットショップなど10施設に電話での聞き取りを行ったが、異常は確認されなかった。

■鏡石で鳥インフル 県内今季3件目強毒性か確認へ

 鏡石町はオオハクチョウの死骸が見つかった高野池に、来訪者に注意を促す看板を4枚設置した。
 町は矢吹町で発見されたオオハクチョウに陽性反応が出て以降、職員が水辺などを連日巡回し、鳥の死骸や衰弱した個体がないか警戒している。各小中学校を通し、児童生徒が野外で鳥の死骸や排せつ物を見つけても触れないように呼び掛けている。
http://www.minpo.jp/news/detail/2016122037450

http://archive.is/nJQ1L
http://archive.is/sW95e

posted by BNJ at 12:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: