2016年12月21日

拡散防止へ羽切り検討 鳥インフルで水戸市【茨城新聞クロスアイ2016年12月21日】

水戸市の千波湖などの野鳥から鳥インフルエンザウイルスが相次いで検出されていることを受け、市は20日、千波湖に生息するコブハクチョウやコクチョウが他の場所に飛び立たないよう、羽の一部を切る処置を検討する考えを明らかにした。同日の市議会全員協議会で高橋靖市長が報告した。

市内でこれまで、同ウイルスが検出されたのは、ほとんどが千波湖に生息するコブハクチョウからだったが、19日に同市城東の桜川で死んだコクチョウからも検出されるなど拡散の恐れもあることから、新たな対策を取る必要があると判断した。

全員協議会で高橋市長は「羽切りができるのかどうかも含め、専門家と相談して(野鳥が)移動しない方法を考えていく」と説明。羽切りのためには個体の捕獲が必要で、人と濃厚接触するため、実施については慎重に検討していく考えだ。

市によると、市内には5カ所の養鶏場があり、約51万羽が飼育されている。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14822423077784

茨城の鳥インフル 香取市の一部も監視重点区域に【産経ニュース2016年12月21日】
 茨城県鹿嶋市の湖で見つかったユリカモメ1羽の死骸から鳥インフルエンザウイルスの簡易検査で陽性反応が出た問題で、県は20日、回収場所から半径10キロ圏内に香取市の一部が含まれ、野鳥監視重点区域になったと発表した。県によると、指定された地域には養鶏農場が1軒あり、異常の有無の確認や侵入防止対策を徹底する。

 ユリカモメは19日の簡易検査で陽性と確認され、環境省が回収場所10キロ圏内を同区域に指定。20日に同省から県に香取市の一部も同区域に含まれるとの連絡があった。動物衛生研究所で高病原性鳥インフルエンザの確定検査が実施されており、結果が判明するまで数日から1週間程度かかるという。
http://www.sankei.com/region/news/161221/rgn1612210063-n1.html

香取市の一部で野鳥監視を強化 茨城、鳥インフル陽性で【千葉日報ウェブ2016年12月21日】
 茨城県鹿嶋市で鳥インフルエンザ陽性(簡易検査)のユリカモメが発見され、千葉県は20日、香取市の一部が野鳥監視の重点区域に指定されたと発表した。野鳥が少数でも死んでいれば簡易検査を実施するなど警 ・・・

【残り 214文字】
http://www.chibanippo.co.jp/news/politics/373156

http://archive.is/EYtmF
http://archive.is/wkscL
http://archive.is/dYABq
鳥インフル、鹿嶋・北浦で陽性1羽 水戸でも新たに判明【茨城新聞2016年12月20日】(ユリカモメ/コブハクチョウ/確定検査待ち)
鳥インフルエンザ 更に5羽 コブハクチョウ、半数の22羽死ぬ 千波湖 /茨城【毎日新聞2016年12月18日】

posted by BNJ at 11:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: