2016年12月23日

インコの代役にバリィさん とべ動物園「干支送り」に鳥インフル影響【産経ニュース2016年12月23日】

 愛媛県立とべ動物園(砥部町)で行われる年末恒例の「干支(えと)送り」イベントで、同園は鳥インフルエンザの影響で鳥類の展示を制限しているため、登場予定だったルリコンゴウインコが参加できず、ゆるキャラグランプリ2012で1位になった「バリィさん」がピンチヒッターとして参加すると発表した。

 同園では鳥インフルエンザの感染を防止するため、ほとんどの鳥類の展示を中止している。フラミンゴやペンギンの展示場にもネットをかぶせて野鳥と接触しないようにしている。

 干支送りは28日午前11時半から予定。今年の干支サル(フサオマキザル)から、来年のトリにしめ縄のバトンタッチを行う。バリィさんはプロフィールによると、「焼き鳥のまち今治生まれ今治育ちのトリ」。インコの代役として干支送りを受ける。

                   ◇

 同動物園では24日正午から、アフリカゾウ舎前で特製クリスマスリースに飾り付けをしてゾウにプレゼントするほか、午後0時半から約1時間、ゾウの着ぐるみを着た「ゾウサンタ」を見つけてじゃんけんをし、勝った人にゾウのマスコットなどを、負けた人にもゾウのクリスマスカードをプレゼントするイベントを実施。カバ舎でも24、25の両日、午前11時15分から特製ケーキを飾り付ける。
http://www.sankei.com/region/news/161223/rgn1612230016-n1.html

http://archive.is/961aR
一部鳥類の展示など中止 鳥インフル予防、とべ動物園でも対応策【愛媛新聞ONLINE2016年12月2日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: