2016年12月23日

諫早で鳥インフル陽性 佐賀県、監視を強化 野生のハヤブサ1羽死骸【佐賀新聞LiVE2016年12月23日】(確定検査待ち/他1ソース)

 長崎、佐賀の両県と環境省は22日、長崎県諫早市の諌早湾干拓堤防北部排水門近くの岩場で、野生のハヤブサ1羽の死骸が見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。鳥取大で高病原性かどうかの詳細な検査を実施する。環境省は現場から半径10キロ圏内を「野鳥監視重点区域」に指定。佐賀県内では藤津郡太良町が一部含まれており、佐賀県は監視、巡回を強化する。

 ハヤブサの簡易検査を2回したところ、いずれも陽性だった。県によると、排水門周辺で野鳥が大量死するなどの異常は確認されていないという。

 佐賀県内の重点区域は、長崎県境から太良町のJR肥前大浦駅辺りまで。区域内には養鶏農家11戸があり、約50万羽が飼育されているが、現時点で異常はないという。県は鳥獣保護管理員や県職員らで区域内の野鳥が生息する河川やため池などを重点的に回り、異常な野鳥の死骸がないかなど調べる。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/389292

長崎県でも鳥インフルか【長崎新聞2016年12月23日】
 県は22日、諫早湾干拓堤防北部排水門付近の岩場で野鳥のハヤブサ1羽の死骸が見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。その後の遺伝子検査でウイルスが「H5亜型」と判明し、今冬、北海道と青森、新潟、宮崎3県の家禽(かきん)から検出された高病原性のウイルスと同型の可能性があるという。今後、詳しい検査を鳥取大で実施する。

 県内で野鳥から簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たのは2011年2月以来。家禽の感染は過去に確認されていない。

 県によると、ハヤブサの死骸は海から流れ着いた可能性もあるが、現場付近を消毒したという。排水門周辺で野鳥が大量死するなどの異常は確認されず、発見場所から半径10キロ圏の養鶏農家26戸に聞き取りしたところ問題はなかった。環境省は10キロ圏を野鳥監視重点区域に指定。県は23日から監視を強化する。

 22日午前11時ごろ、諫早湾干拓堤防管理事務所の県職員がハヤブサの死骸を発見。鳥取大での検査結果は約1週間で判明する見通し。

 県は関係部局長らでつくる警戒連絡会議を開き、担当者が、10キロ圏外で100羽以上を飼育する136戸に対しても異常の有無を調査していると報告。野鳥などの侵入防止対策や養鶏の観察を強化するよう農家を指導することも確認した。

 県は「野鳥の死骸を見つけても触らず、県や市町に連絡してほしい」と呼び掛けている。
http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kennaitopix/2016/12/23085730049921.shtml

ハヤブサから鳥インフル 長崎【産経ニュース2016年12月23日】
 長崎県は22日、同県諫早市にある諫早湾干拓堤防北部排水門近くの岩場で、野生のハヤブサの死骸が見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。高病原性かどうか、鳥取大で検査する。
http://www.sankei.com/region/news/161223/rgn1612230067-n1.html

鳥インフルエンザ 長崎・諫早でハヤブサから検出【毎日新聞2016年12月23日】
 長崎県は22日、同県諫早市の諫早湾干拓堤防北部排水門付近で死んでいた野鳥のハヤブサを遺伝子検査したところ、H5型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今後、病原性を検査する。養鶏農家に消毒徹底を呼びかけるほか、半径10キロ以内のため池などを中心に、野鳥の死骸がないか監視する。【小畑英介】
http://mainichi.jp/articles/20161223/ddp/041/040/025000c

http://archive.is/isjgp
http://archive.is/UUiSr
http://archive.is/Gprfe
http://archive.is/bf4H3

posted by BNJ at 12:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: