2016年12月23日

中国、2人目の鳥インフル感染を確認=新華社【ロイター2016年12月22日】(H7N9型)

[北京 22日 ロイター] - 中国福建省厦門の思明区で18日、44歳の男性がH7N9型の鳥インフルエンザに感染していることが確認された。人への感染が確認されたのは中国で2人目。新華社が21日、伝えた。

思明区の感染予防センターによると、男性は入院中だが、状態は安定しているという。

地元当局は22日以降の家禽(かきん)類の販売中止を命じた。

香港では今週、高齢男性の鳥インフルエンザへの感染が確認されている。

韓国と日本でも鳥インフルエンザの感染が拡大し、この1カ月で多くの鳥が殺処分されている。
http://jp.reuters.com/article/health-birdflu-china-idJPKBN14B09D

http://archive.is/XRIPL
《安全》マカオで初の鳥インフル感染者【NNA ASIA2016年12月14日】(H7N9型)
《安全》香港で今冬初の鳥インフル感染【NNA ASIA2016年12月20日】(H7N9型/対人感染)
新型インフルに備え 県、砺波で訓練【北國新聞2016年12月10日】(鳥インフルエンザ)

posted by BNJ at 22:15 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: