2016年12月24日

長野 ワカサギ、渡り鳥から守る 諏訪湖漁協が集中追い払い【中日新聞2016年12月24日】(カワアイサ/既報関連ソースまとめあり)

集中追い払いに参加する藤森組合長(手前右)と組合員=諏訪湖で
写真
 諏訪湖漁協(諏訪市)は二十三日、ワカサギを食べる渡り鳥「カワアイサ」を集中的に追い払う取り組みを始めた。組合員三十人がそれぞれの舟で沖に出て、湖内全域を分担して監視。諏訪湖を代表する水産資源の確保を図る狙いで二十五日まで続ける。

 漁協によると、今季も既に千羽のカワアイサが諏訪湖に飛来。今月上旬に当番を決めて追い払いを始めたが、効果を上げるために大掛かりな集中実施期間を設けた。

 湖内に散らばった組合員らは、カワアイサの群れを見つけると急いで接近。舟のエンジン音に驚いたカワアイサは一斉に飛び立ち、分散した。カワアイサは大群になるほどワカサギを効率的に捕食するという。

 この日は午前八時から追い払いを始めたが、風が強く波が立ち、短時間で切り上げた。

 諏訪湖のワカサギは七月下旬の大量死で生息数が激減。漁協は今季、休漁にする異例の対応を取った。藤森貫治組合長は「真剣に追い払わなければ来年の漁に影響する。生息数が少ないからこそ手抜きはできない」と話した。

 (中沢稔之)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161224/CK2016122402000013.html

http://megalodon.jp/2016-1224-1150-00/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20161224/CK2016122402000013.html
諏訪湖ヒシ 適正刈り取り量検討開始【長野日報2016年10月22日】
諏訪湖で銃猟 求め意見書 漁協「ワカサギ採卵 水鳥捕食で激減」【信濃毎日新聞2015年9月8日】(カワアイサ)
シジミ試験区変更へ 野鳥の営巣確認で配慮【長野日報2016年8月10日】(ヨシゴイ/ササゴイ)
「少ない」カモ類 諏訪湖で調査【長野日報2016年1月16日】(カワアイサ/鳥害)
カモ類生息数調査:諏訪湖、前年の2倍3164羽 /長野【毎日新聞2015年1月28日】

posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: