2016年12月24日

稼ぎ時「出荷できない」 鳥フル影響深刻、続発を懸念【宮崎日日新聞2016年12月24日】

 川南町川南の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザにより、クリスマスなどで多くの需要を見込んでいた農家は一転、出荷を止められて苦境に陥った。ブロイラー農家は成長し過ぎによる商品価値の低下を懸念。鶏肉や卵の輸出にも影響が出た。移動・搬出制限区域に入った養鶏場は143戸(562万羽)。例外措置==により出荷を再開できた農家はいるが、ごく一部。産地としての信頼低下を心配し「1例で終わらせたい」との声が上がる。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23417.html

http://archive.is/WcX4i
宮崎・川南町、鳥インフル警戒続く 環境省の野鳥緊急調査も [宮崎県]【西日本新聞2016年12月23日】(他2ソース)

posted by BNJ at 12:06 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: