2016年12月25日

清水の鳥インフル 拡散防止措置完了【読売新聞2016年12月25日】

 清水町の養鶏場で鶏の死骸などから高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が検出された問題で、道は24日、養鶏場内のフンなどの埋却作業を終え、ウイルスの拡散防止措置が完了したと発表した。

 今後、この養鶏場から半径3キロ圏内の移動制限区域内にある別の養鶏場の鶏を検査し、新たな感染がなければ、半径3〜10キロ圏内で鶏などの搬出を禁止した搬出制限を来年1月11日にも解除。移動制限も同月15日に解除するという。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20161225-OYTNT50005.html

http://archive.is/IAcm1
鳥インフルエンザ 雪で防疫作業中断 清水の養鶏場 /北海道【毎日新聞2016年12月24日】

posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: