2016年12月25日

ニュースBOX 鳥インフル、千波湖のユリカモメ陽性反応 /茨城【毎日新聞2016年12月25日】(確定検査待ち)

 県は24日、水戸市千波町の千波湖で同日に回収したユリカモメの死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県内で鳥インフルエンザの感染が確認されたのは37例となった。また21日に千波湖で回収されたコブハクチョウとコクチョウの計4羽を遺伝子検査した結果、H5型の鳥インフルエンザウイルスを検出した。
http://mainichi.jp/articles/20161225/ddl/k08/040/050000c

新たに1羽陽性 千波湖で鳥インフル【茨城新聞クロスアイ2016年12月25日】
24日午前9時ごろ、水戸市千波町の千波湖で、ユリカモメ1羽が死んでいるのが見つかり、県県北家畜保健衛生所で簡易検査した結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出た。同衛生所で遺伝子検査を進めている。県内で陽性反応が出たのは今季37例目。

また、千波湖で21日に回収されたコブハクチョウ2羽とコクチョウ2羽の同ウイルスは、遺伝子検査でいずれもH5亜型と判明した。環境省が確定検査を行う予定。
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14825904101811

http://archive.is/oS53J
http://archive.is/ZGYwm
千波湖と大塚池、ポケGO削除を 水戸市が申請【茨城新聞クロスアイ2016年12月22日】

posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: