2016年12月26日

【栃木】サルの「つよしくん」 ヒヨコ着ぐるみで干支の引き継ぎ式【東京新聞2016年12月26日】(他1ソース)

ヒヨコの着ぐるみを着て来園者と触れ合うウーリーモンキーのつよしくん=那須町高久乙の那須サファリパークで

 酉(とり)年の二〇一七年を迎える前に、那須サファリパーク(那須町高久乙)で人気者のウーリーモンキー「つよしくん」が二十五日、今年の干支(えと)のサルから引き継ぐ意味で、ヒヨコの着ぐるみを着て来園者と触れ合った。
 一年間多くの人が来園したことへの感謝を込めて、来園者と動物たちに新年も元気に過ごしてもらおうと、毎年サファリパーク内の動物から動物へ干支の引き継ぎ式を行っている。
 今年は鳥インフルエンザの感染が全国的に広がっていることから鳥類の“出演”は自粛し、つよしくんが「一人二役」でヒヨコの着ぐるみを着て登場。人懐っこいつよしくんは、来園者から大好物のレーズンをもらって回ったり、子どもたちに抱きついたりして喜ばせた。
 那須サファリパークの葛原直人さん(41)は「お客さんにも動物にも、良い年を迎えてほしい」と話していた。 (猪飼なつみ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201612/CK2016122602000171.html

鳥インフル影響、サルが着替えて「えと引き継ぎ」 那須サファリパーク【下野新聞SOON2016年12月26日】
 【那須】高久乙の那須サファリパークで25日、動物による恒例の干支(えと)の引き継ぎ式が行われた。全国的に感染が広がる鳥インフルエンザの影響で急きょ鳥類の出演が見送られるハプニングがあったものの、系列の動物園から参加したウーリーモンキー「つよし」が着ぐるみで代役を務め、場を盛り上げた。

 鳥インフルエンザの影響で、全国の動物園で来年の干支である「酉(とり)」にちなんだイベントが中止・変更を余儀なくされており、同サファリパークも例外ではないという。

 酉年代表として予定されていたシロクジャク「リク」は今回出演が見送られ、一度登場したつよしがニワトリの着ぐるみに着替えて再登場した。

 民放のテレビ番組にも出演経験がある人気者。来場者と触れ合う時間も設けられた。

 葛原直人(くずはらなおと)総支配人(41)は「動物たちの力を借りて、来年は酉年にちなみ飛躍の一年となるように頑張っていきたい」と決意を語った。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20161226/2550270

http://archive.is/xwbxm
http://archive.is/hgOef

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: