2016年12月27日

鳥インフルエンザ 熊本 南関町の養鶏場で処分進む【NHKニュース2016年12月27日】(鳥インフルエンザ南関町関連27日分まとめ)

熊本県南関町の養鶏場のニワトリから「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、熊本県は27日朝から、この養鶏場で飼育されていたニワトリ9万羽余りの処分を進めていて、28日朝までに作業を終えたいとしています。
熊本県によりますと、26日夕方、南関町にある養鶏場でニワトリおよそ50羽が死んでいるのが見つかり、詳しい検査の結果、7羽から「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて熊本県は、27日午前5時から、この養鶏場で飼育されているニワトリおよそ9万3000羽の処分を進めていて、県の職員や要請を受けた自衛隊員など、およそ400人態勢で作業に当たっています。

県によりますと、27日午後2時の時点で、4分の1にあたる、およそ2万5000羽の処分を終えたということで、27日夜、県の職員を50人ほど増やし、28日朝までにすべての処分を終えたいとしています。

この養鶏場の半径10キロ以内には、隣接する福岡県大牟田市の1か所を含む26か所の養鶏場があり、熊本県と福岡県はニワトリや卵などを半径10キロより外に搬出しないなど、移動を制限する措置を取っていて、今のところ、ほかの養鶏場のニワトリに異常があったという報告は無いということです。
周辺に消毒ポイント設置
南関町の養鶏場から「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、熊本県は養鶏場からおおむね半径10キロの範囲に消毒ポイントを設けて感染拡大の防止に当たっています。

熊本県内で消毒ポイントが設置されたのは、養鶏場からおおむね半径10キロの範囲に位置する、南関町や荒尾市など5つの市と町の合わせて9か所です。

このうち、南関町の養鶏場からおよそ10キロ離れた和水町板楠の消毒ポイントでは、町などの職員が畜産関係の車の消毒作業に当たっています。

また、およそ5キロ離れた和水町原口の九州自動車道・菊水インターチェンジの出入り口付近では、道路上に消毒液をしみこませたマットが設置され、すべての車を対象にタイヤの消毒が行われています。

和水町農林振興課の職員は「近隣の県で鳥インフルが発生していたので、『ついに来たか』という気持ちです。感染拡大を防ぐため全力で取り組みたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010821191000.html

出荷制限、熊本の農家「廃業かも」 鳥インフル殺処分【朝日新聞デジタル2016年12月27日】
殺処分のため養鶏場に入る陸上自衛隊の隊員=27日午前8時5分、熊本県南関町、板倉大地撮影

 熊本県南関町の養鶏場の鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、県内は緊張に包まれた。県は感染拡大防止の初動を重視し、素早く殺処分に着手。一方、出荷が制限された周辺の農家からは「廃業かもしれない」などと厳しい声がもれた。

熊本県、10万羽の殺処分開始 鳥インフルエンザ確認

 27日午前5時50分、雨が降る南関町。鳥インフルエンザが検出された養鶏場の入り口に4台のバスが止まり、防疫服にゴーグル、マスク、手袋などをつけた県職員約80人が中に入った。

 26日夜に簡易検査で陽性反応が出てから殺処分に向けた準備に取りかかり、27日午前5時ごろに遺伝子検査で「確定」した時点ですぐに作業に着手。午前7時ごろには殺処分した鶏をポリ袋に詰め込み、2階から降ろし始めた。午前7時半ごろに第2陣の県職員約80人、8時には自衛官約220人も加わった。

 2014年4月に県南部で発生…
http://www.asahi.com/articles/ASJDW3462JDWTIPE006.html

熊本の養鶏場で鳥インフル確認 国内今季7例目【朝日新聞デジタル2016年12月27日】
 熊本県は27日、同県南関町(なんかんまち)の養鶏場の採卵用鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認されたと発表した。感染拡大を防ぐため、熊本県などはこの養鶏場で飼育する採卵鶏約10万7千羽の殺処分を開始。国内の養鶏場などでの確認は今季7例目。

 陽性の確定を受け、熊本県は半径3キロ…
http://www.asahi.com/articles/DA3S12725820.html

鳥インフル、熊本・南関も高病原性 10万7000羽殺処分開始【西日本新聞2016年12月27日】
高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場で、鶏の殺処分をする関係者ら=27日午前10時13分、熊本県南関町(共同通信社ヘリから)

高病原性鳥インフルエンザが発生した熊本県南関町の養鶏場で、ゲージから鶏を運び出す県職員ら(熊本県提供)

 熊本県は27日、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性反応が出た同県南関町の養鶏場の採卵鶏を遺伝子検査した結果、「H5型」の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。県は同日午前5時ごろから、家畜伝染病予防法に基づき、農場で飼育している約10万7千羽の殺処分を開始。養鶏場から半径3キロ圏内を鶏と卵の移動制限区域に、同10キロ圏内を搬出制限区域に設定した。

 今季、家禽(かきん)の高病原性鳥インフルエンザの感染確認は国内7例目。九州では宮崎県川南町に続き2例目。これまでの6件では全て「H5N6型」のウイルスが検出されている。

 熊本県は職員と応援派遣の自衛隊員計400人態勢で作業を進め、24時間以内に殺処分、72時間以内に埋却処分を完了させる方針。県によると、鶏舎11棟のうち1棟で26日午後5時ごろ、「約50羽が死んでいる」と養鶏場から家畜保健衛生所に通報があった。生きている鶏を含む7羽を遺伝子検査したところ、全羽からウイルスを検出した。鶏舎には防鳥ネットなどの対策を施していたという。

 鶏と卵の移動を禁止する半径3キロ圏内にはブロイラーや採卵鶏など6戸(飼育羽数14万6800羽)、区域外への搬出を制限する半径3〜10キロ圏内には19戸(同96万20羽)の養鶏場があり、立ち入りと電話による聞き取りで異常がないか確認している。福岡県によると、搬出制限区域内に入った同県大牟田市の養鶏場1戸(約750羽)は、異常はなかったという。

 熊本県は周辺の主要道路や、九州自動車道の南関、菊水インターチェンジ(IC)など9カ所に消毒ポイントを設けて24時間態勢で車両の消毒を行う。福岡県も県境2カ所の県道で消毒を始めた。

 農林水産省は状況把握のため27日午後、矢倉克夫農林水産大臣政務官を熊本県に派遣する。

 熊本県では2014年4月に多良木町の養鶏場で発生、約11万2千羽を殺処分した。
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/298187

熊本・南関の10万羽処分始まる、鳥インフル「H5亜型」検出【読売新聞2016年12月27日】
鳥インフルエンザが発生し、鶏の殺処分が進む養鶏場(27日午前10時52分、熊本県南関町で、本社ヘリから)=大原一郎撮影

 熊本県は27日、同県南関なんかん町の養鶏場で26日に死んで見つかった採卵鶏について、遺伝子検査の結果、毒性が強い高病原性鳥インフルエンザウイルス「H5亜型」を検出したと発表した。県は、家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場で飼育する約10万7000羽の殺処分を開始した。

 家畜から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは全国では今季7か所目で、九州では宮崎県川南町に次いで2か所目。

 熊本県によると、養鶏場では26日朝から夕にかけて、約50羽が死んだ。死骸を含む7羽を簡易検査した結果、5羽に陽性反応があり、遺伝子検査では7羽全てから「H5亜型」を検出した。今後、動物衛生研究所(茨城県つくば市)に検体を送り、詳細なウイルスの型の特定を進める。

(ここまで328文字 / 残り292文字)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161227-OYS1T50027.html

熊本で鳥インフル=10万7000羽殺処分【時事ドットコム2016年12月27日】
 鳥インフルエンザが検出された養鶏場で殺処分した鶏を袋に詰め、運び出す作業員ら=27日午前、熊本県南関町(同県提供)
 熊本県は27日、県北部にある南関町の養鶏場で死んでいた鶏から、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。この養鶏場で飼育されている約10万7000羽をすべて殺処分する。今冬、国内の農場で鳥インフルの感染が確認されたのは新潟、青森、北海道、宮崎の4道県での事例に続き、7件目となる。
 熊本県によると、26日夕方に南関町の養鶏場から約50羽が死んでいるのが見つかった。簡易検査の結果、7羽のうち5羽が陽性反応を示したため、遺伝子を調べる詳しい検査を行っていた。27日早朝から殺処分し、地中に埋める作業や消毒などの処理を急ぐ。
 発生した養鶏場周辺は鳥や卵の移動を制限する区域に指定され、主要道路で通行車両の消毒を実施する。殺処分や消毒の完了から10日後の検査で感染拡大の恐れがないと判断されれば、養鶏場などから3〜10キロ圏の移動が認められる。さらに11日たって問題がなければ、3キロ圏内の制限も解除される。
 農水省などによると、日本では、卵や肉を食べたことが原因で、鳥インフルエンザにヒトが感染した例は報告されていない。
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122700030&g=soc

熊本・南関町でも 鳥インフルでニワトリ処分始まる【NHKニュース2016年12月27日】
熊本県南関町の養鶏場で26日、ニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、県が行った詳しい検査で「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。熊本県は27日午前5時からこの養鶏場で飼育されているニワトリ10万羽余りの処分を始めました。
熊本県によりますと、26日夕方、南関町にある養鶏場でニワトリおよそ50羽が死んでいるのが見つかり、県が詳しい検査を行った結果、生きているニワトリを含む7羽からH5型の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて熊本県は、この養鶏場で飼育されているニワトリおよそ10万7000羽の処分を決め、27日午前5時から作業を始めました。

県によりますと、この養鶏場の半径10キロ以内には25か所の養鶏場があり、県は、半径3キロ以内の養鶏場などに対しニワトリや卵の移動を禁止したほか、半径10キロ以内の養鶏場に対しては、出荷を制限する措置をとりました。また、養鶏場からおおむね10キロの範囲に9か所の消毒ポイントを設け、感染拡大の防止に当たることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161227/k10010821041000.html

熊本県で10万羽殺処分開始、高病原性鳥インフル検出【産経WEST2016年12月27日】
 雨の中、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に向かう熊本県の職員ら=27日午前5時30分すぎ、熊本県南関町
 熊本県は27日、南関町の養鶏場で死んだ鶏からH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、飼育する約10万7千羽の殺処分に向けた作業に着手した。簡易検査による陽性反応を受け、詳しく調べるための遺伝子検査を進めていた。

 県によると、養鶏農家から26日夕に「約50羽が固まって死んでいる」との届け出が保健所にあった。簡易検査では、死んだ4羽と生きている1羽が陽性だった。県はこの養鶏場から半径3キロ圏にある6農場に、計約14万7千羽の移動自粛を要請。福岡県内を含む半径3〜10キロ圏では、19農場に計約96万羽の搬出を控えるよう求めた。

 国内の家禽からは今冬、北海道、青森、新潟、宮崎の4道県で高病原性ウイルスが検出されている。熊本県では2014年4月、多良木町の養鶏場で感染が生じ、約11万2千羽を殺処分した。
http://www.sankei.com/west/news/161227/wst1612270030-n1.html

熊本県で10万羽殺処分開始 高病原性鳥インフル検出【共同通信2016年12月27日】
 雨の中、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された養鶏場に向かう熊本県の職員ら=27日午前5時30分すぎ、熊本県南関町
http://www.47news.jp/news/photonews/2016/12/post_20161227075109.php

熊本・南関の養鶏場でも鳥インフル陽性、簡易検査で【読売新聞2016年12月27日】
 熊本県は26日、同県南関なんかん町の養鶏場で死んだ採卵鶏が見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応を確認したと発表した。同県は遺伝子検査で毒性の強い高病原性のウイルスを検出した場合、この養鶏場で飼育する約10万7000羽を殺処分する。

 県によると、養鶏場から26日午後4時40分頃、城北家畜保健衛生所(熊本県山鹿市)に「いつもより鶏が死んでいる」と連絡があった。同日朝から夕にかけ、約50羽が死んだという。県が死んだ鶏を含む7羽を簡易検査した結果、5羽から陽性反応が出た。県の家畜防疫員が現場の養鶏場を消毒している。

 県は同日夜、蒲島郁夫知事を本部長とする対策会議を開き、今後の対応を協議した。

 県は養鶏場から半径3キロ圏内で鶏や卵などの移動自粛、半径3〜10キロ圏内で区域外への搬出自粛を要請。高病原性ウイルスが検出されれば、それぞれで移動と搬出を禁止する防疫措置を取る。10キロ圏内では25農場が計約110万羽を飼育しているという。

(ここまで424文字 / 残り183文字)
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161227-OYS1T50002.html

鳥インフル 高病原性ウイルスを検出 熊本の養鶏場【毎日新聞2016年12月27日】
養鶏場に続く道に設けられたポイントには警察官が立ち、関係車両が多く出入りしていた=熊本県南関町で2016年12月27日午前5時28分、野呂賢治撮影
 熊本県は27日、同県南関町の養鶏場の鶏を遺伝子検査した結果、H5型の高病原性鳥インフルエンザを検出したと発表した。県は家畜伝染病予防法に基づき、この養鶏場の約10万羽の殺処分を始め、半径3キロ圏の6農場(14万7000羽)の鶏や卵の移動と、養鶏場から3〜10キロ圏の19農場(96万羽)の搬出を制限した。

 国内の家畜では今季7例目で、九州では今月19日の宮崎県川南町に続いて2例目。熊本県内の養鶏場では2014年1月に多良木町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、約11万羽が殺処分された。【中里顕】
http://mainichi.jp/articles/20161227/k00/00e/040/131000c

高病原性ウイルスを検出 熊本の鳥インフル疑い例【朝日新聞デジタル2016年12月27日】
 熊本県南関町の養鶏場で鳥インフルエンザの疑いのある鶏が見つかった問題で、同県は27日早朝、遺伝子検査の結果、採卵鶏から高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたと発表した。

熊本・南関町で鳥インフル疑い 養鶏場の検査で陽性反応

 県は陽性が確定したのを受け、この養鶏場が飼う鶏約10万羽の殺処分を始めるほか、半径3キロ以内で鶏などの移動を禁止したほか、半径10キロ以内で出荷などを禁じた。

 今季、国内の養鶏場で鳥インフルエンザが確認されたのは7例目で、九州・山口では2例目。
http://www.asahi.com/articles/ASJDV7JC5JDVTLVB02B.html

熊本で鳥インフル南関町の養鶏場【佐賀新聞LiVE2016年12月27日】
 熊本県は26日、同県南関町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる事例が発生したと発表した。簡易検査で陽性と判明し、県は対策本部を設置した。遺伝子検査を実施しており、感染が確定すれば殺処分を始める。

 農林水産省も同日、対策本部の会合を開いた。必要に応じて防疫措置の支援チームを現地に派遣する。国内の家禽(かきん)からは今冬、新潟、青森、北海道、宮崎の4道県で高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されている。

 農水省や県によると、養鶏場は採卵用の鶏約10万羽を飼育。26日夕に「死んだ鶏が増えた」との届け出が県にあり、簡易検査を実施した。熊本県では、2014年4月に多良木町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生し、約11万2000羽が殺処分された。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/390313

http://archive.is/z3Dq1
http://archive.is/m7AxV
http://archive.is/7USfv
http://archive.is/SH9W5
http://archive.is/OeMPX
http://archive.is/BaaVL
http://archive.is/XpWTc
http://archive.is/4Fqjx
http://archive.is/bX3oo
http://archive.is/euAhL
http://archive.is/TDl3T
http://archive.is/ajWeZ
http://archive.is/NvRNm
熊本・南関町で鳥インフル疑い 養鶏場の検査で陽性反応【朝日新聞デジタル2016年12月26日】(他5ソース)

posted by BNJ at 22:20 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: