2016年12月28日

コウノトリ10羽を非公開施設へ 簡易検査は陰性【神戸新聞NEXT2016年12月29日】(コウノトリの郷公園)

簡易検査のため唾液を採取する獣医師ら=28日午前、兵庫県立コウノトリの郷公園
 国の特別天然記念物コウノトリへの鳥インフルエンザウイルスの感染を防ぐため、兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は28日、公開エリアなどで飼育している計10羽を、野鳥と接触できない天井付き施設に収容した。ウイルス感染の簡易検査では、10羽全てで感染が確認されなかった。

 公開エリアのケージは上部が覆われていない。同公園では獣医師や飼育員らがコウノトリを1羽ずつ捕まえ、唾液などを採取して簡易検査を実施。その後、木箱に入れて非公開エリアにある天井付き施設に移した。鳥インフルエンザが国内で収束後に一般公開エリアなどに戻すという。

 山岸哲(さとし)園長は「コウノトリを感染の危険性から守るための措置。地域の貴重な観光資源だが、緊急の状況を理解してほしい」とコメントした。(斎藤雅志)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009788891.shtml

郷公園のコウノトリ収容 京都で鳥インフル検出受け【神戸新聞NEXT2016年12月27日】
 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市祥雲寺)は27日、園内の公開ケージなどで飼育しているコウノトリ計10羽を収容することを決めた。23日に京都市内で死んだコブハクチョウから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受けた対応。

 28日に収容作業をし、合わせて簡易検査で感染の有無も調べる。(斎藤雅志)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009786376.shtml

http://megalodon.jp/2016-1229-1159-39/www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201612/0009788891.shtml
http://archive.is/iOsHw
京都競馬場の飼育ハクチョウは高病原性 48羽殺処分し、埋める【産経WEST2016年12月23日】(既報多数)
コウノトリ守ろう 豊岡で鳥インフルの対策会議【神戸新聞NEXT2016年12月16日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: