2016年12月27日

鳥インフル 日本国内約8割の動物園で鳥類の展示中止、内容変更【FNNニュース2016年12月27日】

過去最悪の広がりを見せている鳥インフルエンザの影響は、動物園にも出ている。FNNが調べたところ、日本国内のおよそ8割の動物園で、鳥類の展示の中止、または内容の変更をしていることがわかった。
園内で、鳥インフルエンザの感染が確認されるなどして、これまでに、秋田県にある大森山動物園など、3つの動物園が閉園している。
FNNが今回、JAZA(日本動物園水族館協会)に加盟している89の動物園を調べたところ、もともと鳥類を展示していない園などを除く、79の動物園のうち、およそ8割にあたる65の施設で、放し飼いの鳥の展示をやめるなど、鳥類の一部の展示の中止・変更をしていることがわかった。
また、鳥への餌やりや、ペンギンウオークなど、鳥とのふれあいイベントも、52施設で中止していた。
また、2017年のえとの「酉(とり)」にちなんだイベントは、35施設で中止、または着ぐるみに変更するなどしていた。
東京・日野市の多摩動物公園では、鳥インフルエンザの感染を防ぐため、野鳥が来ないように池から水を抜いたほか、外から菌が持ち込まれないよう、来園者の靴底を消毒するマットを用意した。
多摩動物公園飼育展示課・寺田光宏係長は、「できる範囲で対策をやっていくだけですね。来年、とり年ですから、静かに収まってくれるのを願ってますね」と語った。
多くの動物園では、鳥インフルエンザが終息する春ごろまで対策を続ける予定。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00345651.html

鳥インフル厳戒、動物園でも防鳥網や一部閉鎖【読売新聞2016年12月26日】
 高病原性鳥インフルエンザが猛威をふるっている。今シーズンは感染力が非常に強いウイルス「H5N6亜型」が拡大しており、各地の養鶏農家は防鳥ネットを張り、動物園も鳥類の展示エリアを閉鎖するなど、厳戒態勢で感染防止策を進めている。収束のめどは立っておらず、関係者には受難の年越しになりそうだ。

 農林水産省などによると、ウイルスは渡り鳥が持ち込むことが多く、そうした鳥との接触やフンの拡散などで感染するとされる。

 今シーズンの野鳥からのウイルス検出数(25日時点)は全国15道府県の計93件と、過去最多だった2010〜11年シーズンの62件を早くも上回った。感染は養鶏場などの家禽かきんにも広がり、これまでの殺処分数は、青森県や宮崎県などの全国6農場、計約97万羽に上る。

 兵庫県小野市では11月下旬、野鳥のふんからH5N6亜型が検出され、環境省は周辺10キロ圏内の加古川、姫路など8市町を野鳥監視重点区域に指定。県も農家への注意喚起や野鳥監視などの対策を強化した。

 小野市の養鶏農家の男性(48)は、養鶏場に消毒用の消石灰をまいたり、防鳥ネットを修繕したりと感染防止に余念がない。「窓がない鶏舎で飼育していても感染は起こりうるので、全く安心できない。運を天に任せている気分だ」と不安げに話す。別の養鶏農家も「県内で家禽への感染は確認されていないのに、お客さんが敬遠して売り上げに響いている。早く収束してほしい」と語る。


 動物園などへの影響も広がっている。

 兵庫県姫路市のレジャー施設「姫路セントラルパーク」は、小野市でウイルスが検出された直後から、ペリカンやフラミンゴなどの展示エリアを閉鎖し、再開のめどは立っていない。福重祥一園長は「冬休みのにぎわう時期なので、お客さんを落胆させるかと思うと非常に残念」と話す。

 大阪市港区の「海遊館」では、26日から1月初旬にかけて開催予定だった屋外イベント「ペンギンパレード」の中止を決定。神戸市立須磨海浜水族園は、ペンギン58羽がいる区画を防鳥ネットで覆った。

 大阪市天王寺動物園では、飼育員と園内を散歩する姿が人気のニワトリ「マサヒロ」と来園者の接触を見合わせている。来年の干支えと「酉とり」にちなみ、27日に通天閣(浪速区)で行われる恒例行事「干支の引き継ぎ式」には登場する予定だが、同園の担当者は「来年は来園者が触れ合えるイベントをたくさん企画したいと思っていたが、難しい状況」と頭を悩ませる。

 深刻なのは名古屋市東山動植物園だ。コクチョウや絶滅危惧種のシジュウカラガンなど10羽が死んだ。うち8羽は感染が確認され、2羽は検査結果待ちだ。今月11日から動物園エリアは休園とし、再開のめどは立っていない。

 環境省は、寒さが本格化すれば、さらに渡り鳥が南下することなどから、今後も感染拡大が懸念され、警戒が必要としている。
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20161226-OYO1T50026.html

http://archive.is/xtfNq
http://archive.is/m5O4P
動物園の7割で鳥展示見直し インフル警戒、全国89施設調査【共同通信2016年12月18日】(他2ソース)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: