2016年12月27日

インド東部で鳥インフルエンザ、2500羽以上を殺処分に【朝日新聞デジタル2016年12月27日】(H5N1型)

 12月27日、インド東部オディシャ州は、4羽の死んだカラスと3羽の死んだ家禽(かきん)からH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、鶏など2500羽以上の殺処分を命じた。写真はチャンドラプルで2008年4月撮影(2016年 ロイター)

 [ブバネシュワル(インド) 27日 ロイター] - インド東部オディシャ州は、4羽の死んだカラスと3羽の死んだ家禽(かきん)からH5N1型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、鶏など2500羽以上の殺処分を命じた。当局が27日、明らかにした。

 鳥インフルエンザウイルスへの感染が確認されたのは、同州の州都ブバネシュワルから約35キロの村。この地域では2012年にも感染が拡大し、3万羽以上の鳥が殺処分されている。

 同州の漁業・動物資源開発局の担当者はロイターに対し、鳥インフルエンザウイルスを封じ込め、感染拡大を防止するために「感染地から半径1キロ以内で飼育されている2500羽以上が殺処分される」と語った。

 H5N1型は、豚や馬、大型の猫、犬などの動物に加え人にも感染する。
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN14G0J7.html

http://archive.is/apDFM
韓国、鳥インフル対策に軍動員 殺処分を加速化へ【ロイター2016年12月26日】
《安全》鳥インフルで2人死亡、今月9人感染【NNA ASIA2016年12月26日】(H7N9型/上海/安徽省/香港/マカオ他)
アヒルが高病原性鳥インフルに感染、19万羽殺処分 オランダ【AFPBB News2016年11月28日】

posted by BNJ at 22:37 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: