2016年12月29日

鳥フル防疫態勢再点検求める 県、全養鶏場に確認表【宮崎日日新聞2016年12月29日】

 川南町川南の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザを受けて県は28日、県内の全養鶏場に対し、防疫態勢を確認するためのチェックシートを配布した。31日までに回答を求めている。発生農場での国の疫学調査では、野鳥などの侵入を防ぐ網に破損が指摘されており、今後発生させないために防疫を再点検する。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_23503.html

鳥インフルエンザ 県がチェックシート ウイルス対策、養鶏場に配布 /宮崎【毎日新聞2016年12月30日】
 川南町の養鶏場で発生した高病原性鳥インフルエンザで、県は28日、県内の全ての養鶏場に対してウイルス侵入防止対策について確認するチェックシートを配布したと発表した。31日までに養鶏場から回収し、対策に漏れがあれば指導する。

 川南町の発生農場では、野鳥の侵入を防ぐネットや金網に、最大直径20センチの穴が複数開いていたことが農林水産省の疫学調査チームの調べで判明した。

 県はこれを受け、県内のすべての養鶏場約990件に対し、鶏舎ごとに専用の長靴に履き替えているか▽手指の洗浄、消毒をしているか▽金網などに破れはないか−−など8項目を確認する独自のチェックシートを作成し、養鶏場に配布。年内に回収し、対策が不十分な場合は来年1月5日までに改善を指導する。【黒澤敬太郎】
http://mainichi.jp/articles/20161230/ddl/k45/040/165000c

http://archive.is/VuoXp
http://archive.is/ys51t
鳥フル発生鶏舎ネットに破損 農水省が疫学調査結果【宮崎日日新聞2016年12月28日】

posted by BNJ at 12:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: