2016年12月30日

青森)十和田のオオハクチョウ、簡易検査でインフル陽性【朝日新聞デジタル2016年12月30日】(他4ソース)

十和田市藤島で見つかったオオハクチョウの死骸=県提供

 県は29日、十和田市内で回収された野生のオオハクチョウの死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。環境省は周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。

 県自然保護課によると、死骸は同市藤島の奥入瀬川近くの道路沿いで同市職員が発見したという。今後、北海道大学で詳しく調べるが、最終的に陰性と判断されることもある。
http://www.asahi.com/articles/ASJDY5519JDYUBNB00B.html

鳥インフルの簡易検査で陽性 十和田市【デーリー東北2016年12月29日】
 環境省と青森県は29日、十和田市藤島で回収されたオオハクチョウ1羽の死骸について、十和田家畜保健衛生所で簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。今後、検体を北海道大に送り、高病原性インフルエンザの確定検査を行う。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20161229/201612290P161822.html

<鳥インフル>十和田のオオハクチョウ1羽【河北新報オンラインニュース2016年12月30日】
 環境省などは29日、十和田市藤島で回収されたオオハクチョウ1羽の死骸の簡易検査で、A型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。北海道大で確定検査を実施する。
 県自然保護課によると、田んぼ脇の道路で死んでいるのを市職員が発見した。回収地点の半径10キロ圏が野鳥監視重点区域に指定された。指定区域は29日現在、県内7市町の8カ所。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201612/20161230_23010.html

ハクチョウ死骸からA型ウイルス/十和田【Web東奥ニュース2016年12月29日】
 環境省と青森県は29日、青森県十和田市藤島の道路脇でオオハクチョウ1羽の死骸を発見、回収して十和田家畜保健衛生所で簡易検査した結果、A型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。今後、北海道大学で確定検査を行い、高病原性かどうかなど病性を確認する。結果判明まで1週間程度かかる見込み。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20161229021120.asp

鳥インフルエンザ 野生ハクチョウ、死骸にウイルス 十和田 /青森【毎日新聞2016年12月30日】
 県は29日、十和田市藤島で回収された野生のオオハクチョウ1羽の死骸から、簡易検査でA型鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。

 県自然保護課によると、死骸は十和田市職員が同日午前中に発見した。十和田家畜保健衛生所で簡易検査したところ、陽性反応が出たため、今後、北海道大で確定検査を行う。

 環境省は同日、回収地点から10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。【夫彰子】
http://mainichi.jp/articles/20161230/ddl/k02/040/017000c

http://archive.is/0A8ns
http://archive.is/SZMef
http://archive.is/b4pu5
http://archive.is/fcoxa
http://archive.is/4rcFj

posted by BNJ at 11:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: