2016年12月30日

鳥インフルでペンギン行進中止 登別マリンパークニクス【どうしんウェブ2016年12月30日】(他2ソース)

 【登別】水族館「登別マリンパークニクス」は29日から、館内で飼育するペンギンの屋外展示とパレード、飼育エリアでの記念撮影サービスを休止した。

 白老町で回収された野鳥から高病原性鳥インフルエンザが検出されたため、ペンギンへの感染を防止する。休止期間は、2週間程度を想定しているという。ペンギンは屋内の飼育エリアに移し、当面はガラス越しに展示する。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0353407.html

登別マリンパークニクス 登別の水族館、ペンギンの屋外展示などを休止 /北海道【毎日新聞2016年12月30日】
http://mainichi.jp/articles/20161230/ddl/k01/040/108000c

登別ニクス パレード・屋外展示休止【読売新聞2016年12月30日】
◆鳥インフル懸念

 白老町で見つかった野鳥のオナガガモ1羽の死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が確認されたことを受け、隣町にある水族館「登別マリンパークニクス」は29日、人気のペンギンパレードと屋外展示の休止を始めた。環境省が野鳥監視重点区域を解除するまでの緊急措置で、おおむね2週間程度を予定している。

 同水族館はキングペンギンやジェンツーペンギンなど約30羽を飼育し、毎日午前と午後の2回、約10羽が園内をパレードして人気を得ている。ペンギンが鳥インフルエンザに感染した報告は国内ではないが、同水族館が設けた独自の対応指針で水際対策を徹底することにした。

 桑山未来館長は「年末年始は海外客を中心に楽しみに来る人が多いが、理解してもらっている」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20161230-OYTNT50009.html

http://archive.is/4DiCB
http://archive.is/3hUxy
http://archive.is/6pTzD

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: