2016年12月30日

伝統・文化 北斎の肉筆画を発見 竹背景に、鶏2羽を描く【産経フォト2016年12月30日】

葛飾北斎の肉筆画とみられる「竹鶏図」
 江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760〜1849年)の肉筆画とみられる掛け軸が見つかったことが30日、分かった。竹を背景に、石灯籠に止まっている鶏2羽が描かれた「竹鶏図」で、絵を確認した慶応大の内藤正人教授(日本美術史)は「緻密な画風や落款などから北斎作で間違いない」としている。
 この掛け軸は東京都内の美術商が11月末、デンマークでの競売で落札。美術商によると、鹿鳴館の設計で知られる英国の建築家ジョサイア・コンドル(1852〜1920年)の旧蔵品という。
 縦110センチ、横51センチの絹本に、竹や豆、鶏が写生風に綿密に描写されている。「北斎」と署名し、「亀毛蛇足」の印を押していることなどから、北斎の40代半ばごろの作品とみられる。
 内藤教授によると、北斎はこの時期、花鳥画などの同時代の中国画風を、日本で刊行された画集から学んでいた。内藤教授は「これまで見たことがない図柄。人物画、役者絵という浮世絵の枠を超え、花鳥画にも進出していった過程を示す作品で、とても貴重だ」と話している。
http://www.sankei.com/photo/story/news/161230/sty1612300008-n1.html

北斎の肉筆画新発見 色とりどりの「鶏竹図」【朝日新聞デジタル2016年12月30日】
「鶏竹図」に描かれている鶏(部分)

 江戸後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849)の肉筆画「鶏竹図(けいちくず)」が見つかった。来年のえとでもある鶏が描かれており、東京の美術商が11月末、デンマークでの競売で落札した。鹿鳴館を設計した英国人建築家ジョサイア・コンドル(1852〜1920)の旧蔵品とされ、日本では存在がほとんど知られていなかった。

 竹を背景に石灯籠(いしどうろう)の上に止まる2羽の鶏を、縦110センチ、横51センチの絹本に写実的に描いた掛け軸。左下に「歩月老人 北斎」の落款と印があり、儒学者・大田錦城(きんじょう)の讃(さん、文章)も添えられている。

 内藤正人・慶応大教授(江戸絵画)は「落款、印、画風、どれも北斎作と疑う余地はない」と話す。印の状態などから、「北斎」を名乗って数年ごろの40代の作品とみる。「鶏と竹を描いた北斎の肉筆画は初めて見た。竹の葉の色の変化などは浮世絵にはないもので、中国系の(花鳥画を得意とする)南蘋(なんぴん)派の描写を消化した写生画といえる。新鮮な作風で、まさに鳥の飛躍のごとく上向きに脂の乗っている時期。できは非常によく、貴重な発見だ」と評価する。

 オークション会社のカタログに…
http://www.asahi.com/articles/ASJDW51R8JDWPLZU008.html

http://archive.is/trNHP
http://archive.is/5Ri1e

posted by BNJ at 21:34 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: