2016年12月31日

ヒシクイ、伊江に飛来 国天然記念物【琉球新報2016年12月31日】

牧草地で羽休めするヒシクイ
 【伊江】国の天然記念物に指定されているカモ科の鳥類、ヒシクイ1羽が12月の初め頃から伊江島に飛来している。島のシンボル、城山(ぐすくやま)(タッチュー)の麓にある農業用溜(た)め池(グスク北溜め池)周辺で、住民に頻繁に目撃されている。 

 ヒシクイは溜め池で悠々と泳いで水遊びをしたり、通りを挟んだ牧草地で羽休めをするなど、溜め池と牧草地を行ったり来たりし、心地良い遊び場を見つけたようだ。

 同じ溜め池にはアオサギも訪れている。ヒシクイが牧草地に行くとアオサギが溜め池へ、アオサギが溜め池を離れるとヒシクイが溜め池で泳ぐなど、互いに居心地の良い居場所を分かち合っている様子だった。

 沖縄野鳥の会の山城正那会長によると、近年は県内でもヒシクイの飛来があり、ことしも金武町で確認されているが、離島での記録は少ないという。
(中川廣江通信員)
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-420434.html

http://archive.is/b6jFi

posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: