2016年12月31日

鳥インフルエンザ 野鳥の大量死など異常は確認されず /熊本【毎日新聞2016年12月31日】

 県は30日、南関町で26日に陽性反応が出た高病原性鳥インフルエンザについて、発生元となった養鶏場から半径10キロ圏とその周辺で野鳥の大量死などの異常は確認されなかったと発表した。

 環境省の緊急調査チームが28〜30日、福岡県大牟田市を含む6市町19地点で、渡り鳥の飛来地となる河川などを調べた。環境省は26日に半径10キロ圏を野鳥監視重点区域に指定しており、解除は早くて来年2月10日午前0時になる。【中里顕】
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k43/040/143000c

熊本の鳥インフル 野鳥大量死はなし【読売新聞2016年12月31日】
 環境省は30日、熊本県南関なんかん町の養鶏場での鳥インフルエンザ発生を受け、現地調査した結果、野鳥の大量死は認められなかったと発表した。

 調査は28〜30日の3日間、養鶏場から半径10キロ圏内の河川やため池など19地点で実施。マガモやオシドリなど51種類の鳥類を確認したが、大量死はなかったという。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20161231-OYS1T50008.html

http://archive.is/LHhQv
http://archive.is/PJr5E
一部農場で出荷再開 鳥インフルで県が例外措置【くまにちコム2016年12月30日】

posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: