2016年12月31日

タンチョウしばし羽休め【産経ニュース2016年12月31日】

明け方、国の特別天然記念物のタンチョウの姿が=北海道鶴居村(三尾郁恵撮影)
 北海道・釧路湿原北西部に位置する鶴居村では12月中旬の明け方、国の特別天然記念物のタンチョウが、ねぐらとなっている雪裡(せつり)川の音羽橋付近に集まって、羽を休めていた。

 この日の気温はマイナス19度という極寒。当地で「毛嵐(けあらし)」と呼ばれる川面から立ち上った霧がゆらめき、凍り付いた木々は白い霧氷に覆われている。タンチョウたちは、夜が明けて朝日が差し込む幻想的な舞台で、首を上げて羽を広げ、徐々に飛び立っていった。
http://www.sankei.com/life/news/161231/lif1612310025-n1.html

http://archive.is/w9B6D
鳥インフル対策、観光に影響必至  釧路【朝日新聞デジタル2016年12月22日】

タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 22:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: