2016年12月31日

干支の動物園 十二支にちなむ、本物の動物展示 天満屋倉敷店 /岡山【毎日新聞2016年12月31日】

写真撮影会でハリスホークを腕に止まらせてもらう親子=岡山県倉敷市阿知1の天満屋倉敷店で、小林一彦撮影
 十二支にちなむ動物を全て生きたまま展示する「干支(えと)の動物園」が倉敷市阿知1の天満屋倉敷店で開かれている。

 今年の申(さる)はリスザルを、来年の酉(とり)はセキセイインコやシロフクロウなど4種を紹介。トラやイノシシ、牛(ホルスタイン)の子などもガラス越しに見ることができる。リスザルのエサやり体験やタカ科のハリスホークなどと一緒の写真撮影会などもある。

 ハリスホークを腕に止まらせて写真撮影をした市内の幼稚園児、菅野日那ちゃん(3)は「羽をぱたぱたさせて可愛かった」とうれしそうだった。

 来月9日までで同1日は休み。中学生以上900円、小学生以下600円、2歳以下無料。同店(086・426・2111)。【小林一彦】
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k33/040/262000c

http://archive.is/QNV25
天満屋倉敷店に遊べる水族園! 21日まで【産経ニュース2016年8月12日】(マゼランペンギン)
「てんまや恐竜王国」3日開幕 生物の進化紹介【山陽新聞デジタル2016年8月2日】(エピオルニス)
ペンギンやサメ…間近で観察して 岡山天満屋の葦川会館で「奇跡の海パラオと南洋ミクロネシアの世界」【産経ニュース2015年8月3日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: