2016年12月31日

鳥インフルエンザ 監視重点区域を解除 小野市の鴨池周辺 /兵庫【毎日新聞2016年12月31日】

 小野市来住町でカモ類のふんから毒性の強いH5N6亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出した問題で、県は30日午前0時、野鳥監視重点区域の指定を解除した。確定検査の結果が出た1日以降、ふんを採取した鴨池の周辺10キロ圏内を同区域に指定。県と環境省のチームが監視を強化してきたが、新たな異常は認められなかった。【松本杏】

〔播磨・姫路版〕
http://mainichi.jp/articles/20161231/ddl/k28/040/246000c

http://archive.is/1lguy
鳥インフル監視区域解除へ 兵庫・小野の池周辺【神戸新聞NEXT2016年12月28日】

posted by BNJ at 22:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: