2017年01月02日

高知県香美市の龍河洞入り口にニワトリカフェ「Cafe Ayam」【高知新聞2017年1月2日】(既報関連ソースあり)

高知ならではのニワトリカフェを営む中村さん夫妻。癒やしの鶏「プチコッコ」が龍河洞の入り口で待っている
 軽食を取りながら猫や犬との触れ合いが楽しめる動物カフェ。人気は衰えず、都会ではフクロウカフェまで現れた。そんな2016年5月、高知県香美市土佐山田町・龍河洞入り口の土産物店街に登場したのはニワトリカフェだ。鶏王国・高知ならではの店を思い付いたのは、東京からUターンしたアラフォー夫妻。酉(とり)年を弾みに飛躍を目指す。

オムツを着けた姿が妙にうける

オムツ姿が「かわいい!」

 店名は「Cafe Ayam(カフェ アヤム)」。「アヤム」はインドネシア語で「ニワトリ」。世界のニワトリの発祥地にあやかった。「土佐ジロー」の卵料理を提供し、癒やしの鶏の「プチコッコ」と遊べる。いずれも高知県畜産試験場が開発したユニーク鶏だ。...

...この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。
http://www.kochinews.co.jp/article/71141/

http://archive.is/2Humq
高知県の龍河洞に20年ぶりの新店 “鶏”カフェ「Cafe Ayam」【高知新聞2016年8月9日】
鶏王国・高知が奇跡の復活10年ぶり全国品評会 1/3新年自慢会【高知新聞2017年1月1日】

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: